2017年06月27日

生見尾踏切安全対策をすこしでも先に進められないか具体的に考えました

横浜市鶴見区生麦にある生見尾踏切は、平成25年8月に人身事故があり、安全対策について横浜市と住民側とで平成25年から26年にかけて3回の協議が行われ不調に終わりました。
平成28年12月に最新の対策案が示され住民側も対策案そのものには賛成しましたが、対策案実施後の踏切廃止を前提にしていて、踏切は将来的にも残してほしい住民側の要望には沿わないため、具体的な進展には至りませんでした。
結局その後の進展は何ら報道されていないようです。膠着状態と言ってよさそうです。市側のいきなりの作業着手なんて事態にはならないでほしいと思います。

それにしても事故発生からすでに4年近く経とうとしています。

このページでは、3回行われた協議の記録を見つけて、問題が何かを検討し、何かをきっかけにして対策を進展させられないかを考えてみました。

つづきを読む
タグ:生見尾踏切
posted by 泳登(えいと) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 近所を歩く | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

夏の富士山にマイカーで5合目まで登りたければ、EVを買いなさい!?

今年も富士山の夏山シーズンが近づいてきました。
もう登る機会はないと思ってはいますが、そのでも気になります。
今年のマイカー規制はどうなったかな?
静岡側の案内ページ
静岡県/富士山マイカー規制
山梨側の案内ページ
富士山有料道路「富士スバルライン」 マイカー規制

簡単に言えば、夏山シーズン中は、御殿場ルートを除いて、富士宮・須走・吉田各ルート共に全期間禁止です。開始当初からの期間延長を経て、これで固定されてしまいそうですね。

最近の変化と言えば、燃料電池自動車(FCV)と電気自動車(EV)が所定の手続きをすれば、須走ルートと吉田ルートで通行可能になったことです。

その理由についてネット検索しましたが、2つしか見つかりませんでした。

富士山5合目までの有料道路「富士スバルライン」のマイカー規制について、県は26日、電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)を規制対象から除外すると発表した。環境に優しいEVやFCVの普及を県としても後押ししたい考えだ。

引用元:富士スバルライン マイカー規制 EVとFCV除外 県がエコカー普及後押し

そもそも吉田ルートのある富士河口湖町は、2015年11月にスイスのマッターホルン(4,478m)のあるツェルマット村と友好都市提携を結んでいます。このツェルマット、いわゆるガソリン等を使う内燃機関自動車は村内通行禁止。今回の措置もそれに倣ったものと言えるのでしょうね。

引用元:電気自動車ニュース 富士スバルラインも今年からEVのみマイカー規制解除へ!

”富士山の夏山シーズンに五合目までマイカーで登りたければ、EVかFCVを買いなされ”とお上がおっしゃいます。

中古ガソリン車をやっと維持している私には、ちょっと納得いかない気分ですが、世の中の流れには逆らえないか…。

素人考えでちょっぴり不安材料が?

つづきを読む
posted by 泳登(えいと) at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山をたのしむ | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

入江川せせらぎ緑道ではいろいろな花がいつも咲いてます

自宅(集合住宅)の脇の入江川せせらぎ緑道。
日中は、草刈りの業者さんのエンジン音が鳴り響いてました。雑草が伸び放題になりつつあったのでちょうどいい頃合いでした。
せっかく払っている税金も、こういう使い方だと納得がいきます。

花が開きだしていたアジサイはどうなったかな?これから見ごろだったんだけど、刈り取られたか?明日でも見に行ってみようかな?(追記:自宅前のアジサイの株は残されてました^^)

緑道沿いの入江川は、人工的に処理した水を流して保たれているほんとに小さなせせらぎです。
季節によって、いろいろな小鳥がやってきます。
大きな鯉が泳ぐちょっとした池のようなところがあります。
春は桜並木のゲートがところどころにでき、今は季節の花が緑道に彩を添えています。
IMG_2425.JPG

ザリガニ釣りで、初夏から初冬にかけて賑わいます。近くにある幼稚園から園児が大挙してやってくるとその賑やかなこと!ちょっと聞いてみませんか^^。
週末は親子連れで釣果を競っています。このごろは、ザリガニが獲り尽くされないか心配なくらいの勢いですが、アメリカザリガニの繁殖力はそれを上回っていますね、たぶん。

そんな季節の移ろいを写真や動画に収めてアップしたフェースブックページも始めてからもうすぐ2年になります。始めたころは、すぐにネタ切れになると思ってましたが、そうではありませんでした。歩いてみるたびに発見がありました。癒しがありました。シェアしたい。

⇒ 入江川せせらぎ緑道 いろいろと目に映ります

posted by 泳登(えいと) at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | せせらぎ緑道界隈 | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

釣り番組は今も根強い人気がありますね2

釣り番組は、自分も一緒になって釣っている気分になれるのがいい。
今や女性釣り師の2大スター、小島玲子さんと水野裕子さん。
彼女たちが出演するだけで番組が華やぎます。

小島玲子さんのキハダマグロゲット「北本茂照VSコジレイ キハダガチバトル! in宮古島」
6分40秒あたりからがゲットのシーン。




水野裕子さんの「怪魚ハンターが行く!北米大陸 3メートルの巨大魚を追う」 2015年11月14日」
1時間19分あたりが怪魚ゲットのシーン。




でも、神奈川県で見られる釣り番組をチェックしてみると、今のところ6つもあります。
一時、釣り番組の終了が相次ぎましたが、景気が良くなってきたんでしょうね。あやかりたいものです。

つづきを読む
posted by 泳登(えいと) at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 海釣りをたのしむ | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

こころ旅は明日から3回目の富山の旅

2011年から続いている”にっぽん縦断こころ旅”は私の予言通り?国民的番組に成長しました!
これからは回数を伸ばすことは気にしないで、電動自転車の5人さま一行(将来は電動3輪車!?)でいいので、こころに響くところを何度でも訪ねてほしい。

明日からは3回目の富山の旅。投稿できませんでしたが、どこを訪ねてもらえたのか楽しみです。
先週は、石川県の旅。ずっと天候に恵まれて西日が良かったです。
テレビの画像を写したのを転載します。
P1070182.JPG

これは動画からカット。合成画像?でもとてもいい!
能登半島夕日.jpg

つづきを読む
posted by 泳登(えいと) at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 火野正平のこころ旅 | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー