「兎(うさぎ)の眼」の教え

灰谷健次郎さんの作品で「兎の眼」を読みました。「太陽の子」に次いで、2作目です。

お話を簡単に紹介します。先生になりたての小谷先生のお話。

小谷先生は、受け持った学級で問題児や障害児に親身に世話をしています。はじめは学級の他の子からは理解を得られず、父兄から”ひいき”だと強い抗議を受け挫折しそうになりますが、同僚の先生たちから支援を受けて、思いやりの心で接するうち、子供たちや父兄の心もやがて開かれていく。

いくつかのエピソードを描きながら、登場人物一人ひとりの心の動きが丁寧に描かれていきます。私がこの本を読んで、強く印象に残る点を書きます。一部、私なりの言葉で書いていますが、

「自分のことだけ良ければよく、あとのことはどうでもよい。世の中の底辺で黙って世の中に尽くしてくれている人たち(本作では、塵芥処理所の非正規従業員)のことに、あまりに無関心すぎる。それは単なる身勝手だということに気づかなければならない。他人への思いやり、それが人間として大切なことである」

ということです。 

この本のあらすじは、ウェブページにいくつかアップされていますが、詳しすぎたり簡単すぎたりでした。

以下の、兎の眼のホームページさんが一番全体をまとめておられますので、紹介します->
http://www.geocities.jp/ayupanman_ayumi/story.html


文庫本購入用のアマゾンへのリンクです->



「太陽の子」も紹介します->




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー