温水プールは今シーズン終了

ヨネッテイ堤根温水プールで泳いできました。
今シーズン最終日でしたので、がんばりました。

来シーズンは、4月1日からです。
この長い休みの間が困ります。

毎年思いますが、
冬は冬眠していればよいのでしょうかちっ(怒った顔)

調べたら、ヨネッテイ王禅寺も休業なんですね。

「横浜市西スポーツセンター」が、次の近場になるのですが、
車で行くと、駐車場料金がかかるし。

もちろん公共機関の電車とバスの交通費も高いし、遠い。
帰ってくるまでに風邪をひいてしまいます。

なんて鶴見区は不便なんでしょう。
フレーユ鶴見なんて、遠くて、高くて(2時間800円)

とてもしょっちゅう通うわけにはいきません。

と、常々思ってましたら、

3日の読売新聞朝刊の地方欄で、
「横浜市ハコモノ見直し」の記事がありました。

横浜市には市営プールが40もあり、
保全費が年間6億9800万円かかっている。

利用者が減っているので、施設を減らしたい。
民間のプールに任せたい。

(料金が安いから利用できるんですよ~~ふらふら

‐磯子区には1km以内に3つも市営プールがある。

‐栄区の栄プールは、もともとゴミ焼却場の余熱を利用した
温水プールだったが、分別によるごみ減量が成果を上げ
焼却炉が廃止になったため、
新たに約3000万円の燃料費が生じている


 こんな無駄で非効率なことを許しておけないです。

 思い付きですが、市が大きすぎてサービスが行き届きませんから
 特別区にして、鶴見区(鶴見国)にしてくれませんかね。



こちらも見ていってください
  ↓  ↓  ↓  ↓
アウトドア&スポーツ ナチュラム

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー