政治家は志を高くしてね

昨日の読売新聞1面を見て、
一気に力が抜けました。腹も立ちます


その原因は二つあります。この記事はそのひとつめ。
(ブログの趣旨とはちょっと外れます?が、ご容赦を)


トップ
「原発40年で原則廃炉」「30年超」国内15基
感想

 ・へエー、 原発の寿命って、40年しかなかったんだ
  木材住宅でも、もっと持つのにね。
  
  100年とか耐久性のあるものを作るとか、そのような前向きの話もなしに
  いきなり、廃炉とは、技術のことを分からなすぎ。

  本当に安全のことを考えるなら、倍の80年ぐらいは持たせる設計をする
  はずですけど、そこら辺はどうだったんでしょうか?

  唐突にこんなことを発表されると、さらに原発の安全性が心配になります。
 「それじゃ、40年目までは本当に大丈夫なの?」という具合に。
  私が昔携わった通信装置の設計では、

  「部品のMTBF(Mean Time Between Failure 平均故障間隔) ・・なつかしい・・
  を積み重ねて、これで10年はもつだろう」と、
  装置寿命の大体の目安をつけたりするぐらいのことはしました。

  原発は、未知の世界ということで、どうも、作りっぱなしだったように思えて
  なりません。

  本当は、そうではないはずですが、
  少なくとも、関係者の話が一切マスコミに出てこないですね。


  ここら辺が、マスコミの突っ込みの浅いところ、一面的なところのような
  気がしないでもないです。

新聞記事では、一応、

 ・専門家の意見として40年で劣化が始まるとの意見が多い

 とか、

 ・米国が40年を原発運転の許可条件として挙げている

ことを挙げています。

 ・これだけ原発への不信感、不備をさらけだしておいて、
  いまさら原発の専門家?の意見がどれほど信用できるの?

 ・何かというと、米国がどうのこうのと、いつもの主体性のなさ
  のような気がします。


こういう時こそ、

政治主導、政治家が日本を引っ張っていかなくてどうするの?

 技術立国ニッポンでしょ!! 


今朝の読売新聞の朝刊の社説にも取り上げていましたが、

  現在50基あるうちの15基が10年以内に停止し、

  今回の改正案で、
  再稼働できる可能性が極めて低くなるとのこと。

  代替え案も全く不十分


がんばろうニッポン!

日本の産業をどのように支え、国民の生活をどう満たしていくのか。

そのために、日本の電力需要をどう満たすのか。

早く、回答を国民に見せてください。 

少なくとも

日本を良くするための具体的な、大きな志をもち、

それを国民に示したうえで、

具体的な行動計画(マイルストーン)を示すのが

政治家の本来の役割です。


それを実行に移すのが、官僚の役割で、

官僚さんたちは優秀です。きっと!?やってくれます。


と、私は思います(思いたいです)



BOSEのサウンドを聞いてリフレッシュ!Bose Bluetooth headset Series 2


こちらも見ていってください
  ↓  ↓  ↓  ↓

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー