2012年01月10日

再び日没時の富士山

日没後の富士山の眺めです。

昨日も天気がよかったので、富士山を見に
夕方4時過ぎに散歩に出かけました。

横浜市鶴見区西寺尾の丘の尾根伝いの一角です。
駒形天満宮という小さなお社の鳥居の辺りから西を眺めます。

秋の澄み切った空、雲もほとんどないなかで
地平線のあたりは、薄く曇って何も見えません。

あきらめて、子安台公園まで足をのばします。
>>横浜北環状線の子安台換気所工事現場を視察^^;


だんだん日が西に沈み始めます。

その時、昨年の初冬の夕方に、
きれいな富士山が見えたことを思い出しました。

天満宮まで戻ることにしました。

冬の太陽の沈み方は早いですね。
つるべ落としでしたっけ。

歩くスピードよりも日の沈み方が速い。
ちょっと焦りました。

観測点の第2ポイントで富士山が見えました!

右の建物のところにうっすらと富士山、左側にはほとんど沈みかかった太陽
21.jpg

富士山の部分をズーム
22.jpg

急がねば!!


天満宮に戻りました。

写真の右側に富士山、左端には太陽はもう沈んでいました。
1.jpg


富士山をズーム。
2.jpg


しばらく眺めていました。
7.jpg


だんだん夕闇が濃くなります。
8.jpg


周囲はもう真っ暗です。
9.jpg

天満宮では、30分ほどいたでしょうか。

いつ見ても、富士山というのは不思議です。
神々しく、見ているとすがすがしい気分になります。


GOLDWIN WEB STORE

タグ:富士山 日没
posted by 泳登(えいと) at 09:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 富士山を眺める | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
富士山のシルエットが茜色をバックに凄い綺麗ですね。
うちは富士山射程圏内ですが、こんなに綺麗でしたっけか?
ちなみに何で撮ってますか?
Posted by うさ丸 at 2012年01月11日 11:55
デジカメ「PENTAX Optio M50」で撮りました。
今回のは、加工は一切してません。
ただし、100枚以上撮影した中から厳選しました^^;

茜色が本当にきれいですね。

太陽の沈む位置(富士山の西側)、
空気に靄がかかっている感じ、

とかが重なっての結果ではないでしょうか。
Posted by aishida2 at 2012年01月11日 13:43
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー