「プロテオグリカン」の抽出で内閣総理大臣賞

ものづくり日本大賞の内閣総理大臣賞を受賞した
工藤義昭さん(69)

抗がん剤や肌の保湿剤などで注目される
新素材「プロテオグリカン」の抽出で、

1グラム当たり3000万円のコストを3000円以下にまで抑え
量産化への道を開いたことが受賞理由だそうです。

以下、経済産業省にホームページから引用

体活動をコントロールする成分(の画期的な大量生産方法を確立。
産業廃棄物だった鮭の頭部を原料とし、従来の精製方法よりも大幅に
製造コストを低減。
精製されたプロテオグリカンは化粧品や健康食品等の
原料として幅広く使用されている。
今後はガンワクチン、創傷治癒剤、膝関節炎治療剤、人工関節など、
医療分野での活用が期待される。

引用、ここまで
----
「これからはバイオの時代」と信じ、2005年から北海道釧路市の
研究施設を間借りして研究を続けた。

失敗を重ね、資金も尽きかけた時
「破れかぶれ」で試したことが成功した。

(破れかぶれといいますが、やることを尽くしたから
 言えることです・・)

「サケから抽出した抗がん剤で、多くの命を救いたい」
頑張ってください。


詳しい内容はこちらから



こちらも見ていってください
  ↓  ↓  ↓  ↓

Wave music system

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー