2012年06月03日

ミツバチが一匹で頑張ってました

自宅の集合住宅の脇を人工の小川に沿って散歩道が1Kmほど続いています。
入江川せせらぎ緑道」といいますが、ほぼ24時間、散歩する人が絶えません。

いまは、ザリガニ釣りシーズンで、土日は親子連れで大賑わい。
平日でも、先週は、社会科見学?で小学校の生徒さんらしい子どもたちが、
先生?に引率されて小一時間ほど、ザリガニ釣りをしてました^^

---
小川沿いには花が植えられていて、色とりどり。

hati01.jpg  hati02.jpg

hati03.jpg  hati04.jpg

あれ、虫が飛んでいます。
どうもミツバチらしい?

hati05.jpg  hati06.jpg

5分ほどしつこくカメラで追いかけまわしましたが、
逃げるそぶりもなしに、ひたすら蜜を吸っています。

もう夢中で、花から花へ、飛び回ります。
良く見ると、足には花粉が団子のようにくっついています。

この一匹だけなんです。けなげです。
”無事に巣に帰れよ!”、心の中で念じてしまいました。

---
日本の各地で、世界でも、ミツバチが減っていることが話題になっています。

原因について、レポートもされています。

->ミツバチの激減、市販殺虫剤が影響の可能性 英仏研究

->ネオニコチネイド系殺虫剤がミツバチを減少させる 二つの新研究が立証

廻りまわって、これからどのような影響が出てくるのか?こわいです。

----
※私のお勧めです
自然との共生、減農薬農業に取り組んでいる農家の生産品です。
23年産 新潟県JA北越後特別栽培米(減農薬減化学肥料)こしひかり100% 白米10kg

タグ:ミツバチ
posted by 泳登(えいと) at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | せせらぎ緑道界隈 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー