タミーを救えが面白い(30)

いよいよ物語も終盤?です。作者がそう言ってます。

東京タワーを出発したビス丸とグスダフは、
東に向かいます。

渋谷のスクランブル交差点で、人ごみの中で離れ離れになった、
その苦い教訓を生かし、今回はコースを慎重に選びます。

(以下の地名は、小説の記述を、私が地図上で追いかけたものです。
 間違っていたらごめんなさい。)

「東京タワー前」→ 「増上寺前」→ 「芝大門」→ 
「将監橋」→ 「金杉橋北」で国道15号を横断 →
「JRの線路下の地下道」をくぐる。

(新幹線とか東海道線の下を通る、あの長い距離の人道地下道があるんですね。
 知りませんでした。1500分の1の縮尺でないと見つけられないかも)

というのが、今日彼らが歩いたコースです。

興味のある方は、

キーワードを「東京タワー 地図」で、ネットで検索し、
マップルでもグーグルマップでもいいので、

地図で行く先を追いかけてみると、
この新聞小説の面白味が増しますよ。


---
この後、彼らは、レインボーブリッジを目指し、そこを経由して
いよいよ、埋め立て地?の倉庫(タミーが捕らわれている場所)を
目指します。

私は、最終の目的地は、豊洲ではないかと推測しています。
江東区の夢の島?かもしれませんが。

まだまだ、予断を許しません^^;

---
それにしても、作者は、よく地理をご存知です。
鵜の目鷹の目”で、
地図とにらめっこしている??ご苦労様です。

彼らの行程を「タミーを探せ!お散歩コース」として売り出したら、
あまり雑踏に巻き込まれない散歩道
ということで、人気が出るかも!!^^!!

こんな本がありました
東京空気公園―誰も知らない穴場満載、東京公園お散歩ガイド



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー