タミーを救えが面白い(33)

読売新聞朝刊の新聞小説
「タミーを救え!川の光2」面白いです。

ようやく、レインボーブリッジで、一行がいっしょになれそうです。
ビス丸、マクダフ、リル、チッチとタータとマルコ、そして、キッド
これで全部でしたっけ?長かったです。

さて、隅田川で、上流に向かうエンジン付きボートから、下流に向かう艀
(はしけ)に、チーチとタータとマルコが乗り移れたのは奇跡的です。
タイヤに引っかかったというのは、さすがに作者は、良くわかっていらっしゃいます。

さらに、クマタカのキッドに見つけられ、これも奇跡?
両足にチーチとタッタ、そしてくちばしにマルコの尻尾を咥えられて
レインボーブリッジまでの飛行!!

数々の奇跡を起こしながら、一行は、当初の東京タワーではなく
レインボーブリッジで集合となりそうです。
(今日現在は、全員が、まだ落ち合っていないので^^;)

---
一昨日までは、チーチたちをどうするのかと私は思っていましたが、
キッドという飛び道具がありましたね。お見それしました。

---
脱線しますが、オリンピックのアーチェリーの日本とアメリカの対戦。
アーチェリー競技、初めて見ました。

日本はとちゅうまで勝っていたのに、
いつの間にか1点差で、最後は逆転の1点差で負けてしまいました。
なにか、淡々と負けてましたね。

70m先の直径122cmの的を狙う。真中が10点、それから9点、8点、7点・・。
的に向かって、精神を集中して的を狙って矢を放つ。大変なんでしょうね。

クマタカの、獲物を見つけてそれを狙うというのと相通ずるものがある?
(そんなわけないか?)

ー>砺波のおいしいそうめんです

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー