2012年07月30日

富士山から帰ってきてからもきついです

富士山から戻ってからも、4日ほどは、腿(もも)が痛くて
建ったり座ったりするのがつらかったです。

温水プールに行って水中ウォーキングとかしてました。

水中での腿の上げ下げは、楽にできるので、筋肉をほぐすのには、
少しは効いたかな?

----
幸い、膝とふくらはぎとかは何ともありませんでした。

下山でストック2本を使い、極力膝に力がかからないようにして
ゆっくり下りたのが効果をあげました。

下りてくる人には全部先に行ってもらい、
ほとんどそろりそろりという感じでした。

段差のあるところでは、先に2本ストックを突いてから、
ゆっくりと足を下ろす。

ストックの使い方が少しわかったような気が・・・

----
富士登山で大事なことは、下山のことも充分予定しておくことですね。
極端な話、上りにかかる時間の半分以上は見ておいた方がよさそうです。

登りに8時間かかったら、下りも5時間ほど見ておく。
ひざを痛めないためにも、それくらいゆっくりと降りて来た方が、後々楽です。

----
たとえば、
前夜5合目到着。車中仮眠。
午前3時に5合目を出発して、11時ごろ山頂着。
1時間ほど昼食と休憩。
午後0時に下山開始して、5時前には、5合目に到着。
夕食と休憩して、帰途に就く。

これでもかなりきついかな・・・

元気ならば、
前夜午後11時ごろ、5合目を出発。
翌日午前6時ごろには、山頂着。
休憩して、
午前7時過ぎに下山開始。午後0時前には5合目に到着。

こういうのも、昔はありましたけどね・・
---

今年こそは富士山に登ろう!

タグ:富士山
posted by 泳登(えいと) at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山をたのしむ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー