富士山は甘く見てはいけません

ようやく大きな天候の崩れもないシーズンになって、
富士登山を、みなさん楽しんでいらっしゃるようで幸いです。

ヤマレコのウェブページで、

本人、奥様、息子さん、娘さんの家族4人で登山された方の記録が
とても参考になるというか、

自分の経験と照らし合わせて
とても身につまされましたので、勝手ながら、ご紹介します。

ー>富士山(富士宮ルート) ~通算10回目登頂は猛省

コースタイムが出ています。

3:05 富士宮口五合目到着 
3:30 富士宮口五合目入山
4:00 富士宮ルート六合目
5:23 新七合目
7:15 元祖七合目(仮眠)
9:00 八合目
10:45 九合目
12:10 九合五勺
13:35 富士宮山頂
14:50 富士山頂剣が峰
15:24 御殿場ルートより下山開始
16:40 御殿場ルート八合目
17:15 七合九勺(赤岩八合館)
18:13 富士宮ルート七合目
19:15 新七合目
20:45 六合目
21:30 富士宮口五合目下山
山行時間 18時間8分 山行距離17.2km

---
以下、私の本当に勝手な感想です。

・五合目で30分の休憩というか準備ですぐ出発してしまった。

・6合目まで30分で到着。普通の速度で歩いたんですね。

・新7合目と元祖7合目、富士宮ルートはひょっとしたら
 ここが一番きついかもしれません。

 前回、私が登った時と同じ時間かかっています。
 私は、超スローペースで登っての結果。
 
 やたらと山小屋の間が遠くて、行けども行けどもたどり着かない。
 タイムでみると、途中でのメンバーのお疲れの様子が察せられます。

・元祖七合目で仮眠とありますが、メンバーで相当へばっていた?
 私は、前回ここで下山してしまいましたけど^^;

・元祖7合目をいつ出発したのかはわかりませんが、

 頂上まで標高差が700mくらいです。
 それを5時間余りで登頂。いやーよくやりました。 
 まあ、普通の人はこれくらいかかるんです。

 9合5勺からの、家族みなさんの頑張りも素晴らしいですね。
 一歩進み、休む。そして一歩進む。そして休む。
 その光景が目に見えるようです。

 やりましたー。ご苦労様でした。

・富士山の凄いところ、怖いところは、実は下山にあるんです。
 投稿された方も、猛省とおっしゃってますが、その通りだと思います。

・下山開始が、午前3時半、ちょっと遅かったかなあ。
 時間的には、登頂後に小休止してすぐに下山開始の時間でしたね。
 (メンバーの体調を見ると、無理のようでしたけど)

・午後6時までに7合目まで下りてこられたことは幸いでした。
 月齢も半月よりも明るいくらいだったのも良かったかな。

・7合目から、富士宮口5合目まで3時間かかってます。
 前回、私も痛感しましたが、この下山路は大変です。
 暗い中で、怪我もなく、みなさん無事で本当によかったです。

---
以上、山行記録から、私の勝手な想像で感想を書いてしまいました。
どこかで、勘違いや、間違いがあったらごめんなさい^^:

----
私は、富士山には、10回以上登っています。
途中断念を含めると20回以上。

下山中に、家族で登っていくのにすれ違うたびに、
「おいおい、大丈夫なの?」と思うことがたびたびあります。

実は、私も、娘が幼稚園のころに、家内と3人で登山しました。

娘は、不思議と平気で元気に登頂したのですが、下山して、
車で御殿場へ向かう途中、娘が吐いてしまって大変でした。

そのときの「一体どうなるんだろう」という恐ろしさは忘れられません。

そして、そのあと、家族からは、何度富士登山に誘っても相手にしてもらえません^^;
よっぽどつらかったんでしょうね^^

家族で富士登山、男の夢ですよね!
やはり、山小屋で一泊とかして、ゆったりした計画で
のんびり登山がいいようです。

天候が良くて、自分の体調さえよければ、
富士山なんて
ゆっくり歩いていればそのうち登れる山”なんですから!

----
今年こそは富士山に登ろう
GOLDWIN WEB STORE は会員登録していただいた方に「送料無料」「代引き手数料無料」を実施中!

----
テント泊でフェスキャンプを楽しもう! 

便利装備
アウトドア&スポーツ ナチュラム

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー