タミーを救えが面白い(36)

読売新聞朝刊の新聞小説
「タミーを救え!川の光2」面白いです。

本当に大詰めになってきました
あともう少しでオシマイ、名残惜しい・・

タミーを救えが面白い(35)の続きです)
---
救出隊一行は、倉庫周辺をチェックしたうえで、
倉庫から直接救出するのは困難と判断します。

参謀のマクダフが作戦を練ります。そして・・・
タミーを仮病にさせます。

監視役のマモルに、タミーを近くの獣医に診せに行かせて?
倉庫から出たあと救出する作戦?

さすがにマクダフは知恵師です!!

うまくいけばいいな!!

----
きのう、偶然に、
作者の御顔と、主人公タミーのお写真も拝見することができました!

BS11の「宮崎美子のスズラン堂本屋」に
作者の松浦寿輝(まつうらひさき)さんが出演しました。

 (この番組は、ビデオで録画してます。前回が、海堂尊(かいどうたける)さん。
  2回続けて、私の好きな作者さんが出演してくれて、うれしい!!)

食い入るように、見ましたね。
松浦さんは、一見、北杜夫(きたもりお)さん風の穏やかな紳士で、
今年の3月まで東京大学の教授!!

川が好きという松浦さんのお人柄が良く伝わりました。

実在する唯一のモデル、タミーが凛々しい(女の子に対して失礼!)

2889.jpg

(テレビの画像を撮影しました。雰囲気だけお伝えしますね)

---
あれ、今頃になって見つけました。->
川の光2-タミーを救え! 読書案内
いろいろな情報がいっぱいです。


---
「川の光外伝」読みたい・・・・・・・・・


---
遠くのショッピングセンターより、最寄りのお店を大事に。

このごろは、コンビニがその役割を果たしています。

お近くのファミマで、お好みをセレクト!
ファミマ.com

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー