飛鳥Ⅱがベイブリッジを通り抜けて行きました

気分転換に横浜の海を見に時々出かけます。

コースは横浜の大黒埠頭から、新山下の岸壁に廻り、
しばらく海を眺め、潮風を吸いこんでリフレッシュをしています。

10月8日の日曜日は、新山下から大黒埠頭に廻り、
大黒埠頭中央公園の海を眺めに行きます。

ここは、頭上にベイブリッジが架かっています。

2年前までは、スカイウォークという施設があって、
ベイブリッジの途中まで、徒歩で行けたのですが、

経営が成り立たないとの理由で、廃止されてしまいました。
そのあとは、この公園もさびれる一方。

----
この辺りは、釣り禁止になっているので、
釣りをしている親子連れも、なんとなく遠慮がちです。

いまは、「海釣り公園があるので、釣りはそこで」という
決め台詞がまかり通っていますが、

なぜ、海辺で自由に釣りができないのか?
根本的な疑問は、ズ‐と私の中には淀んでいます。

---
以前も、運が悪い?と警備員がやってきて、
釣り中止を命令されていました。

今は、景気が悪くなったこともあってか、
たまにいっても、釣りをしている人を見かけることは
ほとんどなくなりました。

さびしい限りです。

---
8日は、3連休の中日の日曜日。

釣りをしている親子連れが2,3組。

懐かしい風景です。


--
ふと、山下埠頭のほうを見ると、何やら大きな客船が見えます。
何か、こちらに向かっている感じ。

「あれ、出港かな!?」

あわてて、車へカメラを取りに戻りました。
カメラを手に、岸壁に再び行くと、

大きな客船が、迫ってきます。
後で、ネットで調べて、飛鳥Ⅱと分かりました。

背景は、みなとみらいのビル群。

3732.jpg


ぐんぐん迫ってきます。

3735.jpg


3739.jpg


ベイブリッジに差し掛かります。

3747.jpg


ベイブリッジの真下を通ります。

3753.jpg


ベイブリッジを通り過ぎました。

3759.jpg


手前で釣りをする人と、飛鳥Ⅱ。

3763.jpg


3769.jpg


3770.jpg


3775.jpg


横浜港を出ていきます。

3793.jpg


飛鳥Ⅱという名前は知っていましたが、まじかに見るのは初めて。
豪華客船というのは、船の上にホテルがそのまま立っている感じで、
圧倒されます。



夢中で写真を撮っていると、
周りにカメラを持っている人が数人、みなさん
飛鳥Ⅱを撮りに来た人たちなんですね。


ほんの30分ぐらいの出来事で、
それに偶然出会えたのは、ラッキーでした。





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー