2012年10月13日

日本アルプス大縦断を見て

NHKスペシャル「激走! 日本アルプス大縦断」
感激しました。

NHKスペシャル 激走!日本アルプス大縦断の予告ページをそのまま引用します。

(引用文、ここから)
8月、日本海・富山湾をスタートし、
北アルプス・中央アルプス・南アルプスの3000m級の山々を次々と縦断、

太平洋・駿河湾までを8日以内で駆けぬける
「トランス・ジャパン・アルプス・レース」が開かれました。

距離はおよそ420km、登りの累積が27000mに及ぶ
この過酷な「超人レース」に挑んだのは、男女合わせて28人。

着替えやテントを背負い、山小屋などで食料や水を確保しながら、
自らの脚だけでゴールを目指しました。

しかし、選手たちを待ち受けていたのは、数々のトラブルです。

荒れ狂う暴風雨、不眠不休の走行に悲鳴を上げる身体、
ライバルとの争いで失われていく平常心…。

選手は一人、また一人と完走を断念していきます。

このレースには、賞金や賞品が一切ありません。

なぜ、彼らは走り続けるのでしょうか。

番組では、空撮も含め18台のカメラがレースの現場に集結。

8日間にわたり、
日本有数の大自然を駆けぬけた28人の熱き戦いを、余すところなく撮影しました。

自らの限界に挑んだ超人たちの夏を追った、ヒューマン・ドキュメンタリーです。
(引用文、ここまで)



トップの望月選手は、5日と6時間でゴール。

富山湾を出発して、早月尾根を登り、剣岳頂上まで6時間なんて
信じられません!!!!

そんな神がかりとも思える速さで、ほとんど眠らずに走りぬけたので、
最後は死に物狂いで、必死の形相。

目標の5日以内は達成できませんでしたが、
きっと得るものは大きかったのでしょう。


完走目前にしてリタイア!?

28人の出場選手中、完走が18人。


過酷です。

走り抜けた人も、途中でリタイアした人も
それぞれ、全力を出し切っていました。素晴らしい!!

そして期限を過ぎても、走りきった人。素晴らしい!!



こんな人たちを見てしまうと、

富士登山ぐらい?でヒーヒー言って、まして、頂上まで行けなくなってしまって
いる自分が恥ずかしい限りです^^;

まあ、自分なりのペースでコツコツと地道に(暗い!^^;)前に進みます!







posted by 泳登(えいと) at 21:28| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツの話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も たまたま途中から最後まで見ました。
トップの方は全然見てません。

山の中で 道を間違えて 締め切り時間が過ぎてしまったけど 最後まで ゴールまで 到達した方に感動しました。~
それを知って集まってくれて 両手でゴールを作ってくれた人たち 優しい。

 両手の山のゴールをくぐりぬけて 太平洋の波間に到達した後ろ姿
競争じゃないよ。速さじゃないよ。自分の目的をあきらめないこと。ですね。
 (^。^)
 
Posted by たまきち at 2012年10月16日 14:29
たまきちさん、こんばんは!
私も、締め切り時間が過ぎても、ゴールに到達した彼が好きです。

自分の目的を忘れず、自分の身体とも相談して、やり遂げる! すごいです。

彼は、ゴール後に海辺に向かっていきます。
そのあとどうしたんでしょうね? 

海に倒れこんだか?
海に向かって叫んだか?
ただ立ちすくしたか?

想像してしまいました^^;
残念ながら、番組はその前で終わりました。

うーん、あとを引きます。

もし自分だったら、どうするでしょうか?
Posted by aishida2 at 2012年10月16日 22:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー