2012年10月16日

ヒートテック10年の進化

薄くて快適な一枚で人を暖めるという発想

ヒートテックがデビューしてから10年目だそうです。

最初は、「本当に温かいの?」と半信半疑で試した私も
もはや、その効果は疑いようもありません。

それでも毎年進化を続けている。
その進化の内容に、興味があります。


2012年09月26日のプレスリリースがネットにありました。

「今年で10周年、冬の着こなしの常識を変えたヒートテック、
トップスからボトムスまで充実したアイテムと色柄数」


その中から、一部引用します。

(ここから)
ヒートテックの機能の変遷
03年: ヒートテック発売、「発熱」「保温」機能
04年: ヒートテック(男性用)、「抗菌」「ドライ」機能追加
05年: ヒートテック(女性用)、「保湿」機能追加
06年: ヒートテック(女性用)、「保湿」機能を向上
07年: ヒートテック(男性用・女性用)、「ストレッチ」機能追加
     ヒートテック(女性用)、「保湿」機能を向上
08年: グローバル展開を開始
09年: ヒートテック(男性用・女性用)、「静電気防止」「形状保持」機能追加
10年: ヒートテック(女性用)、糸をより細くし、肌触りの滑らかさを向上
11年: ヒートテック(男性用)、「消臭」機能追加
     ヒートテック(女性用)、「保湿」機能向上
12年: ヒートテック(男性用)、「吸放湿」機能追加、「消臭」機能向上
(引用、ここまで)

私は、この表から、男性と女性の志向の違いを見出しました。


男女とも発熱・保温性は共通。

女性用は、保湿性を重視し、改善を繰り返しています。

男性用は、抗菌、ドライから始まって消臭、そして今年2012年は、 
     吸放湿、消臭機能強化に至っています。



女性用は、あたたかくて、柔らかな肌触り。

男性用は、普通にしているときはあたたかく、体を動かした時には、
     汗がすっと引いて、臭くならず、そして暖かい(冷えない)。

そういった志向でしょうか。



どのような進化なのか、実感してみたいですね。
売り切れないうちに、買ってこなくっちゃ!






手作り宅配健康食 からだ想い、家族想いのあったか健康応援団 ウェルスダイニング
ウェルネスダイニング
posted by 泳登(えいと) at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 機能性インナー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー