純と愛面白いです(5)

NHKの連続テレビ小説「純と愛」

新年になっても、純のカラ回りは続いてます。

新しいホテル「里や」で働きますが、
女将のサトは何か空気みたいにつかみどころがないし、
従業員は皆マイペースで、純を無視したり、邪魔にする。

その中で孤立する純。
マイペースなのは純が一番なんですけどね。

今週のあらすじを読むと、
一応はハッピーエンドを迎えるようですが、

ますます荒唐無稽なお話が展開するようです。
いつも出てくる、あのお姫様と王子様の童話が

この物語のすべてを物語っているのかもしれませんね。



「純と愛」のホームページをのぞいてみました。

若村麻由美インタビューが、
役作りの大変さが伝わってきて、興味深いです。

 「多恵子は、愛が深いぶん、悲しみも深い」

 「これからいよいよ、
  多恵子さんも少しずつ変化していきますので、
  ぜひともお見逃しなく」
 
だそうです。見逃せないです!



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー