2013年02月06日

純と愛面白いです(6)

横浜の鶴見は、今朝からみぞれ混じりの雨が続いています。

お昼に、止めてある車の上にうっすらと雪が積もりましたが、
それも溶けてしまいました。

北のほうでは少し積もっているところもあるようですが、
全般的には大雪にはなっていないというのが現状でしょうか。


 ・雪になるほど寒くはならなかった、
 ・やってくる低気圧が発達しなかった。

というのがその理由だそうですが、
地表の気温が2、3度高いか低いかで
結果が大きく違ってくるんですね。


ちょっとした自然の動きに振り回される人間、そして経済。
大自然に対しての、ちっぽけさを感じさせられてしまいます。


---
さて、毎朝放送している、連続テレビ小説「純と愛」

この番組は、これまでのとは本当に毛色が違っています。
人間の暗い面、嫌な面をさらけ出してくれます。
そしてぶつかりあう。

こういうところが、この番組のテーマの一つなのかもしれません。
みている私は、ちょっと息苦しくなります。

特に、最近の純のお母さん晴海の「認知症」
みていて怖くなりました。

幸いというか、なんといっていいのかよくわかりませんが、

 私は直に接した経験がまだありません。
 自分が認知症になってしまう姿を想像するとコワイ!


愛(いとし)のお母さん多恵子は、
演じている若村麻由美さんの予告通り、少し変化して、
ちょっと人間らしく?なりました。


純の父、善行は、まるっきり自信が無いダメおやじに
なり切ってしまいましたね。

そしてこれからやってくる、悲劇的な結末・・・。


この番組は、ちょっと想像がつかない展開が待っています。
いまや、怖いもの見たさという、私の心境です ^^;;







タグ:純と愛
posted by 泳登(えいと) at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 純と愛感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー