2013年03月24日

スズメも手乗りになる!人慣れスズメの出現!!

今朝3月24日読売新聞朝刊1面の編集手帳で、“人慣れスズメ”を話題にしてました。

上野公園で、人の手のひらに乗ってエサをついばむ愛想良しがいるらしいです。

ホントかな?という気持ちと、ありそう?という気持ちの半々で読みました。


我が家のベランダでも、相変わらずスズメが集まってきます。朝一と、夕暮れ前に定期便で集まってくるんですね。それ以外には餌をやらないようにしていると、こうなりました。

ほとんどのスズメは、私の姿を見ただけで、逃げますが、その中の1,2羽は、逃げようとしない。ほとんど至近距離50cmぐらいのところで、平気で餌をあさります。

そんな経験をほとんど毎日していますから、「手乗りスズメにするぞ!」と、半分冗談で言ってましたが^^、世の中のスズメはもっと進んでました。


ネットで調べてみると、2年ほど前から、東京大学名誉教授の樋口 広芳さんが話題にされてました。

 -> http://hhiguchi.justhpbs.jp/sub8.html#2011

 2011年9月16日(金)~19日(月) 日本鳥学会大阪大会に出席


他の方のブログには、動画もアップされてます。
 -> 手乗りスズメが現れたそうです 最初の画像ではなく、最後のほうの画像が動画です。


ホントなんですねえ~~私も、となりのトトロ 中トトロを買って、真似してみようかな!
    

さらに、自分で手乗りスズメを試した人の記事もありました。
 -> http://kuzukago.exblog.jp/15534972

その方によると、”帰って、さらに色々調べると、スズメを手のひらに乗せている人たちは、同じ場所、同じ時間帯で何日も繰り返しエサを与えているうちに慣れてきたらしい。”リタイアした男性が毎日同じ場所で同じ時間にスズメにえさを与える。

ああ、私と同じだ!! チャレンジしてみよう! そのうち、ベランダでの手乗りスズメを撮影して、ユーチューブにアップすればアクセスを集められるかも!^^!
 
   (裏の声: そんなことにチャレンジしてどうするの^^;;!)

実は、フン公害も相変わらずなんです^^;;


スズメが、人にすり寄るようにしなくても自活できる、そんな自然環境が保たれた社会にする(戻す?)スズメと付かず離れずで、上手に共生できる環境の構築、そういうことが大事なのかな?

suzume.jpg


(追記2016.08.30)
餌をやらなくなってからもうずいぶん経ちました。やはり分の後始末が大変だったのと、近所への遠慮です。残ったエサはまだ少し残ってますが・・スズメたちは近所の山で元気に育っているようです。

タグ:スズメ
posted by 泳登(えいと) at 19:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 近所のスズメたち | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ふつうに すずめさんが手にのってるところを見るだけでも楽しいのに 自分がそうできたらと考えるだけで楽しいですね。
Posted by たまきち at 2013年03月25日 07:23
たまきちさん、こんにちは。
そうか、たしかに自分の手に乗せられたらと
考えるだけでも楽しいですね。
気が付きませんでした!
ありがとうございます。
Posted by aishida2 at 2013年03月25日 08:30
たまきちさん
管理人さん こんにちは!
手に乗るのは後でいいから
餌をやってる人に何か恩返しして欲しい
童話みたいに...と思ってしまいます。
ふんのお掃除を自分たちでヤルとか
うちのゴミ箱をアサル カラスくんたちに
声を大にして言いたいです。
「自分で食べたら、後片付けしてね~」
アッ家族が耳痛いそうです...
Posted by うさ丸 at 2013年03月30日 15:43
うさ丸さん、おはようございます。
我が家のスズメクン、手に乗るまでには
程遠いようです。
恩返しまではもっと遠い・・
無償の愛です。
でも、掃除はしてほしいな!

カラスについて、
こちらでは
「いけいけカラス」の設置が
近所で徹底されてから、
全く見かけなくなりました。

恐るべき効果です。
こちらでは、カラスが絶滅危惧種!^^!
Posted by aishida2 at 2013年03月31日 07:31
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー