2013年05月08日

大学ノートを活用する

(ずいぶん前に書いた記事ですが、文末に少し追記しました)
私は、仕事をするときには大学ノートを手放しません。昨年11月に島忠で買ってきた10冊組の大学ノートは、残りあと4冊。2011年の10月に、心機一転、通し番号No.1のノートを使いだしてから、今は、No.26になります。

もっぱら、ブログ・アフィリエイト・ウェブサイト作成関連の作業用。とにかく日付を付けながら、なんでもメモ。あとで見返すことが多いですから、年月日の記入は必須です。
---

もう20数年も大学ノートにメモする習慣を続けています。大学ノートは紙がバラバラにならないので保存もでき、あとで見返しやすいのでとても便利ですが、その使い方には工夫が大切です。

それをご紹介します。

---
まずは、なぜその工夫をしたか。

ノートが何冊もたまってくると、どのノートに書いてあるか?そのノートがどれか?ほしい情報を探すのに時間がかかります。これまでは、ノートをプリンターの上やパソコン本体の上に積み上げて、それらを、とっかえひっかえしてました。 必要な情報を探し出すまでに1分以上かかることもざら。


このごろは、ノートの数もすぐに10冊を超すぐらいになりました。 ノートは散らかり、捜す手間はかかり、「さすがにこれではいけない」と自覚。

---
そこで実行した工夫なんですが、簡単です。

・大学ノートの背表紙に付箋(ふせん)を付けること。

・ノートを並べても付箋が見やすいように張り付けることと、ノートを取り出しやすいように並べておくこと。


たった、この二つです。以下、詳しく説明しますね。

大学ノートが置いてある景色です。

7123.jpg


私はパソコンデスクで仕事をしていて、ちょうど目の位置の高さにプリンターを設置。プリンターの右横にスペースを空け、ブックエンドを置きます。

ブックエンドの底の部分の左端をプリンター本体で押えて、ノートが寄りかかってもブックエンドが右側に倒れないように固定。

7118.jpg


大学ノート10冊を並べたところです。

7122.jpg


1冊を抜き出しました。

7107.jpg


付箋の様子が分かりやすいように、10冊を全部とりだして、少し広げて並べてみました。

7113.jpg


大学ノートに付箋が付いている様子です。ポストイットを利用し、はがれないように両面テープで補強してあります。

7111.jpg

付箋には、1からの通し番号とノートの内容を示すキーワードをそれぞれに記入します。私が視線を上にあげると、すべてのキーワードが一目で見渡せます。

ノートを使うときは、使いたいノートの付箋をつまんでノートを引き出す。ノートを使い終わったら、戻すところに指を入れてスペースを空け、ノートをしまう。これの繰り返しです。今のところ、作業がずいぶんらくになっています。


(参考1)
【大学ノート関連の記事一覧】

  • 大学ノートを活用しましょう(3)

  • 大学ノートを活用しましょう(2)

  • 大学ノートを活用しましょう



  • (参考2)
    久しぶりにネットを探すと、私の使っているメーカーの大学ノートがありました。

    ノートA罫 30枚×10
    -> 
    SFJ ノートA罫 30枚×10 5032 fs2gm

    SFJ ノートA罫 30枚×10 5032 fs2gm
    価格:298円(税込、送料別)




    (追記2016.08.30)
    相変わらず大学ノートを使ってメモしています。ノートの通し番号は70になりました。

    P1040596.JPG

    もう古いノートはほとんど処分してしまいました。しまうところもないし、振り返ってみるほど昔のことも覚えてないし。大事な情報は捨ててしまわないように注意が必要ですけど。


    大学ノートを続けていてこのごろ気づいたことが二つ。

    付箋はただ貼り付けるだけだと、使っているうちにだんだんくしゃくしゃになって見えづらくなります。付箋を二つに折り曲げてテープでノートに張り付けるとしっかり固定されるので、紙も長持ちしそうな気配です。

    メモをつけるときにページに必ず記入する年月日ですが、合わせて曜日の記入もするようになりました。曜日があると、意外とその時のことを思い出しやすいことに気づいたもので…


    いまでも鉛筆を使ってメモをするという作業はとても大切なことだと思っています。


    posted by 泳登(えいと) at 06:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ作成メモ | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    お~~サスガ~~
    御見それしました
    つい、どこぞの紙にメモってしまって
    その紙が見つからない
    記憶をたどってもどこに置いたかわからない。
    酷い時は見つかっても読めないことが
    ありますけどこれはお手上げです。
    参考になります!!
    Posted by うさ丸 at 2013年05月09日 22:15
    私も同じことを何度も経験しました。
    紙きれはすぐ埋もれてしまいますよね。

    それでノートに書くようにしました。

    ただし、ノートに書いても、

    どのページに書いたかを探し出す手間が
    掛かりますけどね^^;

    必ず年月日をメモに併記しましょう。
    Posted by aishida2 at 2013年05月09日 23:38
    コメントを書く
    コチラをクリックしてください

    この記事へのトラックバック
    スポンサーリンク




    大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
    ⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
    ⇒「記事一覧2」楽しく生活する
    ⇒「記事一覧3」バックナンバー