富士登山振り返り LEDヘッドランプ

今回の夜行登山には、昨年購入したLEDヘッドランプを持参しました。

GENTOS(ジェントス) ヘッドウォーズ833
【明るさ125ルーメン/実用点灯20時間】 HW-833XE
という製品です。

 昨年の記事 ⇒ ヘッドランプを新調しました(富士登山準備)

真っ暗な中での登山は、ランプの光が頼りです。
足元の1メートル先ぐらい先を見て歩きますが、シッカリと照らしてくれました。

  エネループの充電池(単3)3本で、
  5時間ほど使っている間中、明るさは十分でした。

  以前使っていたものと比べると、
  いうことはありません。

強いて言うと、周りも少し照らしてくれるとありがたい。

--
山歩きしていると、まっすぐ前だけを見ているわけではなくて、
前方左右で歩きやすそうなところを常に探しているわけです。

そういう意味では、光が照らす範囲が広いほうが望ましい。

帰宅後、ヘッドランプについてネットで調査。

ありました。

同じメーカ製で、周囲も照らしてくれるタイプです。
リフレクター(反射鏡)式で、光が広がります。

GENTOS(ジェントス) ヘッドウォーズ
【明るさ200ルーメン/実用点灯10時間】 HW-888H


二つの商品の性能を比較した表です。

今持っているもの
明るさ2.jpg

周囲も照らす明るいタイプ
明るさ1.jpg


明るいタイプは、反面持ち時間が短くなりますが、
通常はだいじょうぶで、予備電池を持参すれば安心でしょうか。

今度もし行く時は、
HW-888.jpg
これ⇒GENTOS(ジェントス) ヘッドウォーズ
【明るさ200ルーメン/実用点灯10時間】 HW-888H
を持っていきたいです。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー