2013年09月12日

横浜美術館は木曜が休館日です

娘と家内と3人で、
「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」
を見に、車でみなとみらいの横浜美術館へ行きました。

閑散としています。
廃墟のよう。
みなとみらいは不況で、とうとう美術館もつぶれたかな!

つぶれてました! いいえ、休館日でした。
木曜日が休館日なんですね。

木曜日が休みなんて、
考えてもみませんでした。


しかし、この美術館は相変わらず、
サービス悪いですねえ。

久しぶりながら、3,4度目の訪問なのに、
入口がわからない。

敷地が広いのに、案内もない。
あるんだろうけど目に入らない。

やっと入り口らしいところにたどり着いても、
そこも
シャッターが閉まっているだけ。

なんなの、これって!!!!!!!

唯一そこに貼ってあった

「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」のポスター

それに近づいて、まじまじ見ると、
木曜日休館の表示が、

ありました!

ただ、それだけ!!


ここまでくると、
腹立たしさを通り越して、
呆れてしまいました。

2,3分しかその場にいませんでしたが、

気がついただけでも

少なくとも3組は、私たちと同じように、
入口まで行って、黙ってすごすごと引き返してました。


放っておいても客が押し寄せてくるのかどうかは知りませんが、

横浜市の殿様商売もここまできているのかと、
一市民として、とても恥ずかしい思いをしました。


みなとみらいって、

ただ広いところに、
ポツンポツンと、施設が建っています。

いろいろ歩いて廻るというには、広すぎて、
そして、歩車分離ができていないので、

ひとにとっても、ドライバーにとっても
とても危険地帯です。



みなとみらいというくらいだから、

全部の施設をドーム式の動く歩道でつなぐくらいの
発想と実行力がないんですかね。


そういうところが、全く改善されていません。


気がつかないのか、だれも文句を言わないのか、
やる気がないんでしょうね。

再選された市長は、こんなところまで
気が回らないでしょうね。

悲しいけど、みなとみらいは???ですね。



サラリーマン時代には気づかなかった不便さ
に気づかされ、

あまり行きたくみなとみらい、
また来たいとは思わないみなとみらい、
それを再確認させされました。


24時間営業のコンビニとか、
365日営業のディズニーランドとかいう、
不必要に便利な世の中の感覚に毒され、
馴らされ過ぎた、お馬鹿な私の愚痴でした。



タグ:横浜美術館
posted by 泳登(えいと) at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 魅かれる風景 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー