2013年11月05日

Windows8への移行アプリ編

WindowsXPからWindows8への移行作業はまだまだ続きます。

インストールし直し対象となるアプリケーションソフト(アプリ)の項目を列挙します。

・メール:Outlook Express -> Windows Live Mail

・ブラウザ:Google Chrome

・テキストエディター:Tera Pad

・PDF:Adobe Reader

・FTP:FFFTP

・圧縮解凍:+Lhaca

・画像切り抜き:DtCut

  有名なソフトは、Windows8でもすんなり動いてくれます。

  フリーソフトは、Vectorとか窓の杜を利用します。
   英語のおかしなところを利用すると、必ずと言っていいほど、
   迷惑ソフトが紛れ込んできます。除去するのが大変。

コントロールパネル・エクスプローラは、
デスクトップからすぐに利用できるようにアイコン化します。


021492pc.jpg


ブログとかアフィリエイトで利用するソフトのインストール

・SIRIUS

・楽丸

・ホームページビルダー14


ウェブ上で利用する各種アプリの再設定(ログイン確認)

・楽アフィリ、忍者アクセス解析、i2iアクセス解析、Google Analytics

・ウェブマスターツール

・ブログ管理ページ(Seesaa、webry、fc2、アメブロ、sonet、忍者、jugemu)

・ASP管理ページ(amazon、楽天、A8net,バリューコマース、リンクシェア、TGほか)

・WordPress


画像、CD/DVD関係は未解決の部分があります

・CD/DVD編集作成:nero、?
 マザーボードに添付してきたソフトが古いタイプで使えそうにない?

・ビデオ編集ソフト:ウェブビデオスタジオ(基本的には動いた)
  買いなおすと1万円の出費^^;

・画像再生:添付のメディアプレイヤー


マイクロソフトオフィスのファイルの扱い

 これが問題:いまさらオフィス2013を購入するのもどうかなあ(高い)
  オフィスXPも動くらしい?が、いまさらセキュリティホールを提供するのはまずい。
  オープンオフィス? 何にしても、インストール・設定・操作に手間がかかりますねえ・・・

 エクセルファイルも簡単な編集がグーグルスプレッドシートでできる(らしい)

 今日、グーグルドライブやら、何やらをちょこちょこいじってみたら、
 それらしいことが、ちょっとだけ確認できた。これで様子を見るかな?


WiFi環境の構築

 WiFiの必要性は感じていないんですが、
 iPhoneのOSバージョンアップがWiFi環境でないとできない。

 わざわざWiFiスポットでしたっけ?に行くのも癪に障る。
 
 依然購入して試して、お蔵入りしていた、
 バッファローの”AirStation”を引っ張り出したが、

 古くて、Windows8には対応できない。

 困りましたが、もう1台のWindowsXPパソコンに接続し、
 ソフトをインストールして環境を構築しました。

 iPhoneのOSバージョンアップも今日できました。

 いずれ、Windows8対応の無線ルーターを購入して、
 環境を構築しなければなりませんね。


以上、これまでの作業を思い出しながら列挙しました。

030116pc2.jpg

自分でもため息が出るくらい、面倒で眠くなる?作業です。
こんなんじゃ、時間の浪費かもしれませんね^^;


もう1台のWindowsXPパソコンもいずれ対応しますが、
最低限の設定だけにしておきます。

NECを退職したときの記念?で購入したLavieノートパソコンは
10年以上たつので、残念ながら、これでご苦労様でしたとなります。


Windows8移行についての関連記事

⇒ Windows8への移行が一段落

⇒ Windows8パソコンを立ち上げちゃいました




 
タグ:Windows8
posted by 泳登(えいと) at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットへのこだわり | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー