キスはよく釣れました

たぶん3年ぶりの乗合船による釣行。
日曜日(22日)に行ってきました。

午前の半日船で7時出船の12時に帰港です。
船宿は川崎のつり幸さんで、近場なので、行きも帰りも楽ちんです。

南極観測船しらせに乗務していた義弟が帰港してから川崎に滞在していましたが、
来月には地元の長崎に帰るということだったので、

こちらでの思い出づくりの一つ?ということで誘いました。
二人連れ立っての釣行です。

半日船といっても、行きも帰りも50分ほど船を走らせます。

今回は、東京湾を挟んで、千葉県側の岸よりに向かいます。
そこで3時間余り釣りをして、川崎に戻ってくるわけです。

砂地の海の上を船を流して釣りをするんです。

仕掛けが1号のハリスでとても細いので、しょっちゅう絡みます。

二人とも悪戦苦闘しながらも、
結構つれました! 2人合わせて50匹弱。

キス釣りとしては、少ないほうですが、
我々としては、頑張りました。

 なんと、当日のさお頭の方は160匹!!

 いつの間にそんなに釣ったんだろう。

 帰港後、その方にキスをおすそ分けしてもらい
 なるほどと納得しました。


それにしてもキスはよく釣れました。

船頭さんが、時々場所替えをしてくれて、
その都度、よく釣れていました。

ちょっと見て回ったのは船の片舷だけですが
みなさん、私等二人よりも釣っています。

 小学生のお嬢ちゃんにも負けました^^;

とはいえ、釣りは数の勝負ではありませんので(負け惜しみ)、
楽しめました。

近年の東京湾では、アジもそんなに釣れなくなったようです。
タチウオもひところの勢いはありません。

キスとカサゴが主役になっている感じです。

カサゴは根につく魚であり、育つのに時間もかかるので獲り尽くすとおしまい。
白キスにこれからも頑張ってほしいなと切に思いました。

---

帰宅後、二人で交代してキスを捌き
一部をてんぷらにして食べました。

 美味でした!!

以下の写真は、おすそ分けしてもらったキスの写真です。

p1020398kisu.jpg


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー