2014年11月03日

せどりを始めてから1年が経ちました

昨年の11月に4ヶ月間のせどりスクールに入学し、
そのあともせどりを続けてきて、ほぼ1年が経ちました。

長いような短いような1年です。

最初は無我夢中で商品を仕入れてアマゾンで売れれば一喜一憂。

アフィリエイトでは、たまに何百円かの利益が出ると喜んでいたものですが、
アマゾンで実際に自分が仕入れた商品が売れて利益が出るというのは、別の喜びがあります。

たまに、商品に欠陥があったりして返品されたりすると、とても悲しい思いをしたり、

まさに一喜一憂の一年間でした。


はじめの半年までの、
とにかく売上が上がれば良い、そのためには値下げも辞さない。

そういった時期は過ぎて、

今は、利益の出る商品をじっくりと売る姿勢が少し出てきたかな?

利益が出るといっても、
仕入れ価格の2割も取れれば大成功。

その利益を地道に積み重ねていく
というのが、この物販せどりの本質のように思います。

お店から安く売られている商品を見つけてきて、
アマゾンで販売して、差益を取る。

一言で言えばそう言う作業ですが、やってみると
自分なりの工夫や改善のしどころもあって、楽しいですよ。

どんなことでも、自分の体を動かして体感してみないと
本当のところはわかりません。

これから2年目に突入ですが、じっくりと取り組んで行きたいと思います。

ーーー

パソコン作業をやりながら、
ビデオに撮りためた番組を消化しています。

3,4ヶ月分撮りためた、
「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」とか「プロフェッショナル」とかを続けて視ました。

 いいですね。

感動させられるのは、

どれも、自分のためではなしに、人の役に立ちたい、

という想いを込めて、その道を達成されているところです。

番組の狙い、ディレクターの狙いもその点にあるような気がしますが、
とにかく視ていて元気が出てきますね。

美化しすぎという点があるのかないのかまでは私には良くはわかりませんが、

やっぱり、”こうありたいという理想像を示す”
という点で、様々な視点から情報を提供してもらえるのは、嬉しいことだなと

私は思います。


posted by 泳登(えいと) at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットでつながる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー