2015年01月11日

北陸新幹線開業でかえって不便になるそう

3月14日からいよいよ北陸新幹線が金沢まで開業します。
いいことばかりかと思ってましたが、ネットを検索すると思わぬ落とし穴がありました。

ヨミウリオンラインによると、(そのまま引用します)

北陸新幹線、富山から関西・中京への始発不便に
大阪、名古屋着1時間遅く

3月14日に開業する北陸新幹線のダイヤと、JR北陸線の経営を引き継ぐ「あいの風とやま鉄道」のダイヤがそれぞれ発表されたのに伴い、関西・中京方面への始発列車が不便になる問題点が明らかになった。

 大阪行きと名古屋行きの在来線特急がすべて金沢駅発着になるためで、富山駅から朝一番の列車に乗っても、大阪、名古屋への到着時刻はいずれも現在より約1時間遅くなる。新幹線開業で東京への利便性が劇的に向上する一方、関西・中京方面ではしわ寄せが生じる格好だ。

 「始発で行っても間に合わないのは歴然。大変申し訳ないがカバーできない」

 富山市で8日に開かれたあいの風鉄道の説明会で、金沢発大阪行きの特急「サンダーバード」始発に接続できない点を指摘された市井正之社長は陳謝した。質問した同市奥田双葉町、学校教諭頼成知秀さん(57)は「努力してダイヤ編成してくれたと感じたが、大阪着が1時間遅くなるのはダメージだ」と残念がる。

 現在、富山から大阪に向かうサンダーバードの始発列車に乗ると、大阪には午前8時22分に着く。しかし、3月14日以降、富山から金沢に向かう新幹線の始発列車「つるぎ」、あいの風鉄道の始発列車のいずれに乗っても、金沢発のサンダーバードは始発から3便目の同6時45分発に接続するのがやっとだ。この結果、大阪着は最速で同9時25分となり、現在より63分遅くなる。
(引用は、以下省略)

この記事を見たとき、最初はなんのことかよくわかりませんでした。

「あいの風とやま鉄道」
これは、新しくできる第3セクター鉄道の名称のようですね。

その鉄道のダイヤ案というのがありました。
http://ainokaze.co.jp/wp-content/uploads/2015/01/acecfcb4ade09ab2b6871d7bd0a0e6b2.pdf

確かに富山始発の電車に乗っても、金沢着が6時31分。

たしかにその前に金沢を出発するサンダーバードには間に合いません。
---

素人考えですが、なぜ特急の始発が全て金沢発になったんですかね?

これまでも特急ハクタカなんて、湯沢と糸魚川間は第3セクター運営だったと思いますが、
ちゃんと、湯沢と富山や金沢の間を切れ目なしに走っていたというのに・・

 新幹線との接続しか念頭にないというのが見え見え。

新幹線の開通だけでは、地元の幸福にはつながらないかも。
不便を強いられても我慢するなんて、いまどき流行らないかも。
当面の一つ一つの問題を解決してこそ、いいことがあるかも。

 私個人的には、全く利用する機会はありませんので、余計なお世話ですけどね^^;;
 あんまりびっくりしたんで、つい書きすぎました・・すいません。

posted by 泳登(えいと) at 21:09| Comment(2) | TrackBack(0) | メディアの話題から | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

主人は よく知っていて、
かえって不便になる!と言ってました。

(^.^;)

私も ほとんど利用することはないので あまり関係ないですが。
Posted by たまきち at 2015年01月12日 06:35
JRになってから営利最優先ですね。
新宿の本社ビルの前で労働組合の方と思いますが
お話をするところをJR社員さんたちが囲んでましたが
物々しい雰囲気でしたよ。
立ち止まって話をきくこちらまで録画対象になってしまい
ました。

一番困るのが旅先などで不都合があった時です。
(以前 旅慣れない家族が立ち往生いたしました)
今はコールセンターしかつながらなくて
後で何とかしようなんて思ったら大変ですね。
現場の駅で話をつけないと 「それがどうした...」という
態度で困ったことがありました。
長くなりましたが 熱くなる話題ではありますね。
Posted by うさ丸 at 2015年01月12日 13:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー