2015年08月25日

サンダーバードare go見ました

見ましたか?

新作3本と旧作2本が既に放送されました。
8月23日は放送がなかったですね。大変失礼しました。

バッチリ録画もして、見直しもしました。

次回が楽しみです。
といっても新作の放送は、ほぼ1ヶ月後、待ち遠しい。

ちゃんと録画予約できるか、それがとても心配です。
メモ帳に日程を書き出してあるんで、それを時々チェックします。
机の横の大きなカレンダーに赤でマークもしておこうかな!
仕事より大切!

旧作と新作を交互に放送するのって、なかなか興味深く感じます。




最初に新作を見たときは、
CGのテンポが速くて、かなり戸惑いと違和感を感じましたね。

人形をそのままCGにしてるんだけど、似ているようで何か違う。
特にペネロープが全然違う印象ですね。

サンダーバード1号や2号の飛び立つシーンも
なにかテンポが良すぎてあっけない。

重々しく飛び立つときに、
華々しい音楽と、あの、”5,4,3,2、1、サンダーバーズ アー、ゴー”の
声とが重なって、毎回ワクワクさせられてましたもんね。

一方、スコットやバージルが
スロープを滑り降りてサンダーバードに乗り込むシーンは、

アクロバットのようで、これは操り人形では描写できない、
さすがCGの醍醐味が味わえます。

CGでは、水中でも、空中でも、宇宙でも怖いものなし
でも、それだと単なるアニメーションの世界になってしまう。

人形劇のサンダーバードに慣れ親しんだ私のような世代にも納得いくようにと、
ところどころミニチュアが使われているのには、苦心の跡が感じられます。

ややこしくて制作現場は大変だろうなと、いらぬ心配をしてみたり、
でも私には番組が面白ければそれでいいんです。

それにしても、イギリスってこういう斬新なテレビ映画を作ることができる
国なんですね。ちょっと不思議な気分です。


余談ですが、イギリスを舞台にしたTV映画では、
”モスキート爆撃隊”というのがすごく印象に残ってます。

デビットマッカラム出演(あのナポレオン・ソロのイリヤ役)
内容は全然覚えてませんが、どうしてか、また見てみたい。

以前、レンタルビデオ屋さん通いをしていた頃には、
このビデオがないかな?と探したりしましたが、ありませんでした。

きょう、ふと思いついて、ネットで検索。
ありました。

2012年の発売なのかな?やっぱり要望があったんですねえ・・




MGM Hollwood Classics 『モスキート爆撃隊』 [DVD]


さらに余談ですが、この頃”タイムトンネル”という番組もありました。
ネットで調べると、こちらはアメリカABCネットワーク作成だそう。

こちらのリメイク番組、誰かもう一度作って!

ダメもとで、ネット検索。こちらもあるんですね。



タイム・トンネルDVD COLLECTOR'S BOX Vol.1



タイム・トンネルDVD COLLECTOR'S BOX Vol.2

こちらはDVDのBOXなので結構なお値段です。

こういう昔のTV番組をDVDで再び楽しむことができる。

昔のテレビ番組はほとんどNHKには保存されていないとかだったので
諦めてましたが、

輸入したものだと、本家にはオリジナルがあるということですね。
意外と、昔楽しんだ外国のTV番組のDVDが見つかるかもしれませんね。

老後の楽しみとしては、ちょっぴり贅沢かな?

posted by 泳登(えいと) at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアの話題から | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー