TOEICテストを12年ぶりに受けてきました

先日、若い人たちに交じって試験を受けてきました。TOEICテストという、これまで200回あまりも続いていて、私がうけたのは第211回。自分の英語の実力を測るために何度も受けてましたが、今回は12年ぶりの受験です。

P1040484.JPG


試験は全部で2時間。休みなしにリスニングとリーディングで、それぞれ100問に答えていきます。全問マークシート方式。
リスニングは45分間で次々に流れる問題の音声をひたすら聞いて、問題用紙の選択肢を選びながら回答していきます。
リーディングは、いろいろな英文を速く正確に読んで答えなければなりません。
事前にこの形式に慣れておかないと、途中でつまずいてしまってわけがわからなくなり、最後までついていけなくなる厳しい試験です。

P1040487.JPG

私は1カ月ほど前からのにわか勉強でしたが、何とか最後までついていくことができました。ボケ防止というには受験料が馬鹿にはなりませんが、私が受験した神奈川大学キャンパスでは、見たところ9割以上が若い人ばかりで熱気にあふれていました。そういう意味ではボケ防止には役立ったかもしれません。

もう少し詳しい感想などは、別の記事にしてあります。英語のリスニング力アップに興味がある方もそうでない方も^^;ご覧になってください。
ー>TOEICテスト第211回を受験しての印象と感想

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー