堤根温水プールの温水シャワーが不調ですが頑張ってほしい

相変わらずというか唯一の運動である温水プール通いは、週2回ペースを維持できています。このペースが崩れると体調が悪くなるか、逆に、体調が悪くてプールに行けないということなので、私にとって水泳は、健康が自覚できる基準になっています。

クロール1.jpg


”ゆっくり楽にクロールで泳ぐ”ペースは、これまでの500メートルで15分が14分に縮まりました。

テキストとかビデオを見ながら、自己流でイメージしているだけで、ひとさまにはお見せでるものではないですが…周りで泳ぐ人の邪魔にならなければよいかと、そんな感じです。

上手な人は、力強くキックして、倍ぐらいのスピードで追い越していきます。うらやましい限りです。少しでも近づきたいと思います。

まあ、こんな感じで、利用させてもらっています。川崎市の堤根温水プールは、とても安い料金で楽しめるので、これからも使わせてもらいたい。

ところが、7月になって、シャワーのお湯が不調になっています。水の温度が上がらないんですね。最初の回は真水でブルッと震えました。その後の4回は35℃前後で持ちこたえています。いまは夏場ですし冷たく感じることはありません。

心配なのは、設備が完全に故障してしまわないかということ。まだ故障の原因が完全にはわかっていないようなんですね。

プールに行くたびに、今日はシャワーは何度かな?と確かめます。 シャワー近くに張り紙がしてあるんですね。”現在○○度です”という具合に。

子供たちが夏休みに入って、いよいよ混雑シーズンに突入します。利用者の一人としては、臨時休業になったりしないよう祈ります。

がんばれ堤根温水プール!

(追記)7月26日現在、シャワーは温水が出てました。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー