2016年09月06日

迷走台風が今どこにいるかをリアルタイムで知りたい

台風10号はいわゆる迷走台風だと思いました。Uターンして、東北に初上陸。
すべての台風をウォッチしてほしいというわけではありませんが、こういう特別な台風の動きはリアルタイムで情報を流してほしいと思います。

ついこの間放送されたNHKの番組で話されていたのが、異常気象のせいで、これからはこういう台風が増えるかもという内容だったかな。コロコロと台風の進路が変わるのに、6時間待たないと台風の位置情報が得られないのでは台風の直撃を受ける人には準備するどころではありません。たまったものではありません。



ネットで調べてもリアルタイムでの台風位置の情報って見つからない。

迷走台風の記事はありました。

一方で雨雲レーダーとか、tenki.jp で雨雲の動きをリアルタイムで見られます。確かに最近は雷情報とかが細かく報道されるようになりました。レーダーで観測しているようです。こういうところにはおそらく最速のコンピューターが駆使されているのでしょう。ありがたいと思います。ずいぶん進歩しました。感謝です。

でしたら、人工衛星で観測できる画像の情報も活用してもらいたい。台風の目の位置を把握し、それを台風のリアルタイムの位置情報として日本中に情報提供ができないものでしょうか?

いま宇宙に上がっている日本の気象観測衛星ってどれくらいのリアルタイムかつ精度で観測ができるのか?わたしにはよくわかりませんが、もしいまできないのでしたら、大至急予算を割り当てて、これができるような衛星を開発してすぐに打ち上げてください。〇べ首相。迷走台風観測衛星こういうお金の使い方だったらだれも文句は言わないと思いますよ。
posted by 泳登(えいと) at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活雑感 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー