2016年09月09日

アナログ回線にもどす工事?大変です

家内の携帯電話(いわゆるガラケー)をスマートフォンに機種変更した時から今まで訳の分からないこと続きです。今日はアナログ戻し工事に立ち会いました。

そもそも”ドコモに全部の料金を一体化すれば割安ですよ”とドコモの店員に言われて従ったのが失敗。
工事費は8500円余り。まあ出張費だと思って我慢。

RV-230SEルーターが持ち去られ、100M-VDSLアダプタ装置S型VH-100{4]E[S]取扱説明書と、インターネット設定ガイドが残されました。あと何をすればいいのかが全然わかりません。工事に来た人は専門家ではないので聴くだけ気の毒。

P1040603.JPG
ほんの小冊子。

P1040604.JPG

何が書いてあるかよくわかりません。

悪戦苦闘。インターネットの接続は一時完全に断念しました。
だって、step3簡単セットアップツールを使って設定しよう、設定の準備、1簡単セットアップツールのダウンロード、ここでいきなりhttpのアドレスが指定されている。

P1040605.JPG

インターネットにまだつながっていないのになにをいっているの?
結果は、私の思い込みがあったようです。素直に従えばよかった。

アイフォンをテザリングしてノートパソコンをインターネットにつないで、ツール―をダウンロードする試みを続けるなど2時間以上格闘してしまいました。

でも、この辺がネットワーク接続の面倒なところなんですよね。できるまで頑張るしかない。

最後に、だめもとでパソコンを直接装置に接続するなど試行錯誤を繰り返すうちに、マニュアルの指示通りにアドレスを入力すると、なんとなくマニュアルの画面が表示されました。アドレスを書き込んで先に進みます。うまくいくときはすんなりいきます。2台のパソコンのインターネット接続もできました。

この次はドコモ光の工事、予約やら対応が面倒。どれだけこれからの費用が安くなるのかな?もう少し追及していきたい。






posted by 泳登(えいと) at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットでつながる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー