電話をアナログ回線に戻す工事大変です2

NTTの工事の人が帰って電話はアナログ回線。そしてインターネットは自分で設定する。
訳の分からないまま2時間ほど格闘して家の2台のパソコンがネットにつながりました。

ところが翌日になったパソコンを起動すると、ネットにつながりません。また苦闘の始まり。パソコンの電源を入れなおしてネットにつなぐたびに、マニュアル記載のネット接続ツールのダウンロードと設定の繰り返し。

さすがにこれはおかしい。
ネットの記事とかあやふやな記憶で、どうもルーターが必要なのでは?と思いつきました。

昨日撤去されたのは光ルーターだったっけ? 設置されたのはVDSL・・
あやふやな知識ですが、VDSLは電話線でインターネットの情報がやり取りするための電気信号変換装置(モデム)かな?モデムだけでは足らない。家の中で複数のパソコンを接続するためにはルーターが必要なんです。これまではルーター付きモデムだったんだ!

ルーターなんてうちにあったっけ?コジマ電機に買いに走らねば! 

で、ありました。アイフォンのソフト更新にはWifi環境が必要で、そのために無線ルーターが必要だったんですね。2年前に購入して、都度電源を入れて使ってました。それがルーターなのかなんて全く意識してませんでしたけど。ほとんど使うことはありませんでした。

それが日の目を見て、主役になります。

またまた装置の設定方法がわかりません。操作マニュアルをダウンロードするために、ネットに何とかつないで入手。無線ルーターをモデムにつないでアドレスを入力しても反応しない。
直接パソコンに無線ルーターをつないで再度挑戦。何か反応があって、WAN側の接続もしなさいとのこと。
ふたたび、モデム、無線ルーター、パソコンの接続でアドレスを入力すると、作業が進みました。

めでたしめでたし。なのか、なんでこんなに作業が大変なの?
数年前の環境に戻すだけで大変な労力です。

今は、2つの装置(モデムとルーター)のLEDが全部で10個ぐらい通信するたびに瞬いてます。きれいです。しばらくはその状況をにらめっこしてます。

まだドコモ光電話の工事の予約とその立ち合い対応があるようなんですが、この先一体どうなるんだろう??




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー