ひかり電話をNTT東からNTTドコモに切り替えるのも大変

家の電話回線をNTTドコモに統一するための苦労談です。
9日に電話回線をアナログ戻しとかいう工事に立ち会って、そのあともインターネットの接続を復旧させるのに大変でした。

電話回線がアナログですと、市外通話が距離によって課金されてしまう。それをなくすために以前にフレッツ光電話にしたのが今は、アナログ回線に戻っています。速くひかり電話にしたいと思うんですけど…
ドコモのサービスセンターに10日と12日(今日)工事予約の電話したんですが、NTT東からの情報が届いていないので、予約ができないとのこと。

わけを聞いてみると、ナンバーポータビリティ(電話番号の引継ぎ)の情報をNTT東から連絡を受けるのに、4,5日かかるそうです。確かにきょうで3日待ちましたがだめでした。

さらに予約ができても、その日からドコモでの工事はおそらく2週間待ちとのこと。・・・・・・

こんな変更やらなければよかった。わたしはこういう待ちをするのが大嫌い。

と後悔しながらも、関係会社がNTT東とNTTドコモのふたつあると、それだけ料金がかさむのは事実。一本化はしたい。

そもそもこんな利用者無視の分社化での競争はやめてほしい!と泣き言を言っていてもしようがありません。

サービスの利用者は、これからも提供者から課されるさまざまな困難を自分で克服して、少しでも経費を減らす工夫をしなけれなばなりません!



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー