日本縦断こころ旅は国民的番組になりました

日本縦断こころ旅は私の予言?通り国民的番組に成長しつつあります💓 だって、出会う人の答えが、”たまに番組を見てます”から”いつも見てます”に代わってますから!

やらせではないと思います。たまには仕込みを感じますけどね^^; 

2011年から始まった番組が今は2016年秋の旅の終盤の鹿児島県の種子島。ロケットの打ち上げ場所として認識されているところですが、それはおいて、きょうの朝の放送は、印象深かったです。

遠くから海を渡ってきたアサギマダラを見つけたり、カニが潜っている穴を見つけてつついて見せたり、いつも正平さんの自然へのメジカラには感心させられます。

秋の旅も今週の鹿児島県と沖縄県を残すだけ。この番組が放送されてないと何か落ち着かない。1年中毎週放送していてほしい。などと思っています。

いつも感じていることを一つ書きます。
正平さんの自転車はタイヤの幅がものすごく細い。スタッフの自転車はママチャリみたいのが走っているのに何が違うの?

今日の朝番で、正平さんが、”電動式にしてほしいんだけど、そういうものはないと言われている”とおっしゃっていたので、わたしも興味を抱いてネットで検索。

まず第1の疑問への答え。
スポーツタイプの自転車は、タイヤの幅が細い。接地面の抵抗を減らして軽く漕げる。ただし、パンクとか耐久力に気をつけないと公道での走行には要注意。そんなことらしいですね。

第2の疑問、電動式があるのか?これはネットで十分調査していないので不確定。



ネットを見て感じたのは、スポーツタイプの自転車は、運転する人の体力に依存している・どれだけ軽くできるかを追求しているので、重いバッテリーを積んで走る、そのために強度を確保する、という面で相反しているから、電動式のスポーツタイプの自転車は、販売しずらいのかな?などと勝手に想像してしまいました^^

・・・

何やかやしているうちに、19時放送の”とうちゃこ”も見てしまった。

「この番組で自転車旅をしていたからこそ見られた」なんてちょっと言い過ぎ!?
正平さんがおすすめする太平洋の景色ってどんなだろう? こういう時はテレビの画面では物足りない。
生で見てみたい。ホント、うらやましい。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー