クロールのバタ足の感覚がいまだに掴めません

わたしのポッコリ出たお腹をへこませるのにはあまり効果がない、堤根温水プールでの週に2回の水泳。それでも1回休むとなにかと体調が悪くなるので、続けてます。
ウォーキングというか散歩の回数も増やしました。サプリメントの調査・研究も始めました。このごろのわたしの目的は、健康でお腹をへこませる!?

水泳は慣れれば慣れるほど疲れない。ゆったりゆっくりクロールという点では、もう十分合格点だと自負しておりますが、100メートル泳ぐのに3分というのは、どうも遅すぎのようです。廻りの邪魔になってしまう?

ということで、楽をしながら、もう少し早く泳ぐコツを探っている今日この頃。

けのびとか息継ぎとかは、できてるんじゃないかな?
腕の掻きも、右腕はかなり水を掴む感じがわかった感じ。左腕はまだまだ。

あとは、キックなんだけど。

横浜西スポーツセンターで練習したときも、いまいち感じがつかめなかった。

先日、読売新聞に水泳のコーナーが珍しく掲載されていて、たしか、

膝を内側にするようにして、足を開かずに甲で水を効率的に蹴るようにする。
膝よりもお尻から水を蹴るようにして、足全体でしなやかな蹴りを描く。

というようなことが書いてありました。

内また気味にするということですが、これは普段蟹股で歩いている私には変えるのは難しい。
お尻から足全体を動かすというのも、このごろは歩幅が60cmに落ちてしまった私にはむずかしい。

それらを水の中で実現するのはもっと難しい。

今日は、1時間ほど練習してみました。右足は少しできたかな?左足がいうことをききません。あんまり足を意識しすぎると、力が入りすぎて足がツリそうになるしね…。

まあ、一歩一歩前を向いて前進!
自己流で遠回りでも、努力すればそれなりに成果が得られるのも水泳のいいところ^^かな?

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック
スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー