2017年03月29日

岸谷生麦線の大黒町まで行って帰ってくるだけで1万歩越え

今日のお昼は、片道5千歩を歩いてラーメンを食べてきました。生麦のさつまっ子。超久しぶりで懐かしかった。麺がしっかりして若干塩味なのがおいしい。最初に向かったのは立ち食いそばのどん八でしたが、それはまたの機会ということで。

途中に、岸谷生麦線という道路が最近できて、自動車にも歩行者にも便利になりました。延長が1230メートルの道路で、270メートルぐらいのトンネルと高架の道路です。トンネルは片方向は車道だけ。もう片方は歩道が併設されてます。トンネルの中の歩道は真っ暗ですが、
P1060697.JPG

高架の車道からは、JRや京浜急行の線路が見渡せ、国道15号線も見下ろせて、そういうのが好きな向きにはかなり楽しめます。
P1060687.JPG

P1060548.JPG

車道側は透明な防音壁でしっかり覆われてます。
P1060692.JPG

この道路が開通する前は、トンネルの上の子安台公園へ登って下って、それから滝坂踏切を渡って、それから国道15号を歩くというルートでしたが、開通後はほぼ直線ルートに短縮されました。
P1060691.JPG

今回は、歩道を歩くのが3度目になりましたが、1度目や2度目に比べてほとんど人も自転車も通らず、ちょっぴり寂しい感じ。自動車だけは、ゴーゴーという音を響かせて通り過ぎていきます。

ほぼ3キロメートルで大黒町まで行けるので、いい散歩コースが開拓できました。同じコースばかりだと飽きてくるのでなるべく少しでも目先を変えて一歩一歩前進!?

タグ:岸谷生麦線
posted by 泳登(えいと) at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 近所を歩く | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー