4年前に自作した仏壇にほんのちょっぴり手を加えました

ブログの記事を見てみると、作ってからもう4年も経った現代仏壇。
ときどきは拭き掃除をしていますが、どうしてもホコリが溜ってきます。

今回は、全部ばらしてきれいに拭き掃除をしました。
ついでに、作った時から気になっていた不具合を解消しました。
不具合というのは、引き出し式の棚が、出し入れするときに引っかかってしまうんですね。それをなくしてスムーズに出し入れできるようにしました。

全部取り外した状態から、元に戻すまでを順番に写真でお見せします。
各部品は、空拭きやハタキでほこりを落とします。

まず、全部取り外した状態。
P1070382.JPG

一番下に、お線香やろうそくなどの備品を戻します。
P1070383.JPG

引き出しを乗せる棚をセットします。棚の固定にはもとから付属していた棚固定用の金具をそのまま使用します。
P1070385.JPG

棚をセットしました。
P1070386.JPG

引き出しの棚を置き、その上にさらに仏壇の底になる棚を金具を使ってセットします。
P1070388.JPG

取り外したひな壇です。ほこりをかぶっているのがよくわかります。
P1070394.JPG

きれいに拭き掃除。
P1070396.JPG

ひな壇を元に戻して、天板も金具を使ってセットします。
P1070407-2.JPG

掛け軸を元に戻します。
P1070408.JPG

すべて元に戻した状態。
P1070412-2.JPG

引き出しの棚を引き出した状態です。
P1070413-2.JPG

以上で、清掃作業は終了。4年ぶりにきれいになりました。

さて、ここからは今回補修した部分の説明です。

これまでの引き出し棚の左側の拡大図。スライド棚に固定されたアンカー(A1) が2つのストッパーS1とS2の間を行き来します。

何が不具合かといいますと、スライド棚のコーナーC1がストッパーS1に当たってしまい、うまくスライドできないことでした。
P1070400-2.JPG

4年前の制作時は、”このくらいはしょうがないか”で、そのままにしてましたが、どうしても気になります。

そこで知恵を出しました。アンカーA1がずれないようにガイドG1を新たに設けたんです。
P1070402-2.JPG

アンカーA1が中ぐらいの位置に棚をスライド。
P1070404-4.JPG

アンカーA1を一番手前までスライド。
P1070403-2.JPG

右側も同じように作業して、左右どちらにもぶれないようにスライド棚をガイドしてやります。
P1070405-2.JPG

ガイドの取り付け位置の調整は結構微妙でしたが、うまくスライドさせられるようになりました!

今回ガイドに使った部品は、4年前に作った時の板の残りです。保存してあったんですが、役に立ちました。
こうして使われるまでじっとわたしを待っていてくれたんですね^^

ホントに、ちょっとした工夫ですが、何とかしたいと思えば素人細工でも希望がかないます。
おかげさまで、棚がスムーズに出し入れできるようになりました。快適です。


<自作仏壇の関連記事>

  • 仏壇の写真立てをちょっと工夫して用意しました

  • 現代仏壇?らしきものを作りました(2)

  • 現代仏壇?らしきものを作りました


  • この記事へのコメント

    スポンサーリンク



    記事タイトル一覧
    ・やってみる/感じる/気づく
    ・楽しく生活する
    ・バックナンバー