2017年06月22日

夏の富士山にマイカーで5合目まで登りたければ、EVを買いなさい!?

今年も富士山の夏山シーズンが近づいてきました。
もう登る機会はないと思ってはいますが、そのでも気になります。
今年のマイカー規制はどうなったかな?
静岡側の案内ページ
静岡県/富士山マイカー規制
山梨側の案内ページ
富士山有料道路「富士スバルライン」 マイカー規制

簡単に言えば、夏山シーズン中は、御殿場ルートを除いて、富士宮・須走・吉田各ルート共に全期間禁止です。開始当初からの期間延長を経て、これで固定されてしまいそうですね。

最近の変化と言えば、燃料電池自動車(FCV)と電気自動車(EV)が所定の手続きをすれば、須走ルートと吉田ルートで通行可能になったことです。

その理由についてネット検索しましたが、2つしか見つかりませんでした。

富士山5合目までの有料道路「富士スバルライン」のマイカー規制について、県は26日、電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)を規制対象から除外すると発表した。環境に優しいEVやFCVの普及を県としても後押ししたい考えだ。

引用元:富士スバルライン マイカー規制 EVとFCV除外 県がエコカー普及後押し

そもそも吉田ルートのある富士河口湖町は、2015年11月にスイスのマッターホルン(4,478m)のあるツェルマット村と友好都市提携を結んでいます。このツェルマット、いわゆるガソリン等を使う内燃機関自動車は村内通行禁止。今回の措置もそれに倣ったものと言えるのでしょうね。

引用元:電気自動車ニュース 富士スバルラインも今年からEVのみマイカー規制解除へ!

”富士山の夏山シーズンに五合目までマイカーで登りたければ、EVかFCVを買いなされ”とお上がおっしゃいます。

中古ガソリン車をやっと維持している私には、ちょっと納得いかない気分ですが、世の中の流れには逆らえないか…。

素人考えでちょっぴり不安材料が?

つづきを読む
posted by 泳登(えいと) at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山をたのしむ | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

富士山のマイカー規制ってユネスコ(世界遺産)対応だったんだ!?

今日は富士山の登山者抑制策の話題から感じたことを書きます。

ひごろマイカー規制を苦々しく思っている立場なので、
一部に思い込みや過激な発言が含まれているかと思いますが、ご容赦を。


さて、読売新聞6月24日朝刊の社会面に
「登山者抑制策 報告期限迫る」という記事が載りました。

2年前に富士山が世界遺産に登録される際に、ユネスコが、
登山者数の抑制を含めた環境保全対策などの報告を求めた。、

報告期限が来年の2月に迫っている。

中堅報告した登山者抑制策として実施中のマイカー規制は、
ユネスコには受け入れられなかった。

ほかの決め手になる案が出てこないで困っている。
といった内容です。

つづきを読む
posted by 泳登(えいと) at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山をたのしむ | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

今年も富士宮口は63日間連続マイカー規制です

静岡県富士山マイカー規制

2015年(平成27年)は、
2014年(平成26年)の結果を踏まえて更に交通渋滞の緩和を図るため、
富士宮口については開山から閉山までの連続63日間、
須走口については
海の日の三連休から旧盆期までの期間を連続化し
7日間延長した47日間で実施します。

ご協力をお願いいたします。
https://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-210/fujisan/

だそうです。

hujisan.jpg

つづきを読む
posted by 泳登(えいと) at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山をたのしむ | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

折れたステッキは継ぎました

富士山から下山するのにはストックが必需品の続きです。

折れたストックの取っ手と本体に12ミリ径の穴をあけ、
直径12ミリの丸棒を60ミリの長さに切ります。

8148.jpg

丸棒を本体に差し込み、

8149.jpg

取っ手を取りつけて、修理完成。
そのうち、気が向いたら、木工ボンドで固定します。

8151.jpg

8155.jpg

着いていたシールの一枚は、登山中にボロボロ。

8156.jpg

世界文化遺産を記念したシールは、シッカリ着いてます。

8158.jpg

「富士山五合目」の手書き文字。

8162.jpg

ステッキの本体は天然木で、
一本一本がそれぞれ全く違う形状です。

重さも違うし、手に持ったときのなじみ方も違います。

売店に30本ほどあったものの中から選んだ一本です。

そして、最後は本体だけで、下山に付き合ってくれたステッキです。

本体の下端は、シッカリ役目をはたして、すりこぎ状になっています。

8167.jpg

愛棒、大事に取っておきます^^;;

富士登山には向きませんが、
観光土産としてはおすすめ。

富士宮口5合目の売店の隅っこに
ひっそりと置いてあります。


GOLDWIN WEB STORE

posted by 泳登(えいと) at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山をたのしむ | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

富士山から降りるにはストックは必需品です

富士登山の振り返り、ストック編です。

五合目の売店では、金剛杖を売っています。
そこに各山小屋で焼印を有料で入れてくれて、
いい登山記念になるというものです。

ちなみに、私も3本くらい買いましたが、
現存するのは一本だけです。

8123.jpg

ベランダに出しっぱなしのを引っ張り出して、
ホコリを洗い流しました。

8110.jpg

こんな焼印が押されるんです。

で、この金剛杖ですが、
本来は登山のサポート用です。

長いのと、短いのがありますが、
大人は長いのが好ましい。

登山中は、邪魔になりますが、
下山するときの必需品です。

富士宮口は特に、
岩場の段差の激しい個所が連続します。

ここにまともに飛び降りたりしたら、
一回でひざを痛めてしまいます。

そうならないように、杖を使いながら、
なるべくひざに負担をかけないようにして
下りるようにしないと、下までたどり着けなくなります。

今回の登山でも、初心者の100パーセントが
ひざを痛めたと嘆いていました。

---
金剛杖は、長くて持て余すので、
専用のトレッキング用のストックがあります。

私も持っています。

8102.jpg

3本のパイプのそれぞれを廻して、
適当な長さに調節できるようになっています。

これが一番便利です。
ちょっと値が張りますけど。

---
今回の登山では、
私はこれを持っていくのを忘れてしまいました。

ストックを持たないわけにはいかないので、
五合目で、ステッキを買いました。

8103.jpg

腰ぐらいまでの長さのもので、取っ手が付いてます。
登るときは邪魔にならなくて快適でした。

下山になると、やはり短すぎました。
段差になるたびに、腰を曲げるかおろして、
ステッキを置く場所を確保してから、

そーっと、足を下ろす。
それの繰り返しです。

支えるのに力もかかります。


そして、8合目で、取っ手と本体を
止めていた部分が折れてしまいました。

やっバーい。です。
あとは、さらに慎重に慎重に、
コースのロープも頼りにしながら、

ひたすら、安全にゆっくりと降りてこざるを
えなくなりました。

まあ、おかげさまで、2度ほどしか転ばず、
すりむいたりすることもなく、ひざも傷めず、

もも痛が2日ほどで収まる程度で済みました。

結果オーライ?ですが、
下山時は、長いストックが必需品です。


8138.jpg

ステッキは、捨てるのも惜しいので、
12ミリのドリルで穴をあけ、
12ミリの丸棒を買って来て、
継いで、記念に取っておくつもりです^^


GOLDWIN WEB STORE

posted by 泳登(えいと) at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 富士山をたのしむ | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー