オーディオ環境の手直しをしました

久しぶりに部屋のオーディオセットに手を加えて音がすっきりとなりました。 真空管アンプ、レコードプレイヤー、CDプレイヤー、そしてバックロードホーンスピーカーなどの装置は今まで通りです。装置の配置を換えたのとケーブル類を交換したのがおもな内容です。 スピーカーの位置を変えるのがおもな配置換え。 今までは、二つのスピーカーボックスの間にアンプ類が置いてありましたが、アンプ類と右…

続きを読む

高い周波数の音がどこまで聞き取れるか試してみましょう

オーディオを趣味にしている私には、自分の耳の性能?も気になります。ときどきセルフチェックします。オーディオの世界では周波数が20Hzから20000Hzがひとつの基準ですが、自分はどの範囲まで聞き取れるか? それ専用のCDがありますが、ネットの音源を使っても試せました。

続きを読む

真空管アンプでガリガリとノイズがでたらまずは真空管を差しなおしてみましょう

キットで組み立てたTRK-3488はもう4年ほど、それ以上になるかな? それを使っています。 しばらく前からときどきバリッバリッというか、ガリガリという音が混じるようになりました。 不規則ですが、だんだんその頻度が増えてきたような・・ このノイズって、結構怖いんです。そのうちどこかが破裂するんじゃないか?と思わせられるような、そんな恐怖にかられます。もう寿命かな?

続きを読む

レコードプレーヤーを新しくしました(2)

レコードプレーヤーを新しくしましたが、 これまで使っていたプレーヤーを処分しなければなりません。 使える部品を再利用もしたいですし。 結果的には、後付して使っていた電源コードを再利用しました。 下に見えるコードと電源プラグを再利用です。 音的には、少し太くなったかな?! ---

続きを読む

レコードプレーヤーを新しくしました

昨年の11月ごろから忙しかったネット販売、 ちょっと一息ついて、またピッチが上がりだしました。 その合間に、レコード鑑賞のひと時が持てる ”こころの余裕?”もちょっぴり出てきたかな。 ところが、再生する音が 聞くに堪えない状態になってしまいました。 ベルトが寿命なんですね。  レコードを乗せて回転するターンテーブルに  モーターの回転を伝える、ゴムベルトが、 …

続きを読む

スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー