2016年07月14日

高い周波数の音がどこまで聞き取れるか試してみましょう

オーディオを趣味にしている私には、自分の耳の性能?も気になります。ときどきセルフチェックします。オーディオの世界では周波数が20Hzから20000Hzがひとつの基準ですが、自分はどの範囲まで聞き取れるか?

それ専用のCDがありますが、ネットの音源を使っても試せました。

つづきを読む
posted by 泳登(えいと) at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | オーディオをたのしむ | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

真空管アンプでガリガリとノイズがでたらまずは真空管を差しなおしてみましょう

キットで組み立てたTRK-3488はもう4年ほど、それ以上になるかな? それを使っています。
しばらく前からときどきバリッバリッというか、ガリガリという音が混じるようになりました。
不規則ですが、だんだんその頻度が増えてきたような・・

このノイズって、結構怖いんです。そのうちどこかが破裂するんじゃないか?と思わせられるような、そんな恐怖にかられます。もう寿命かな?

レコード.jpg

つづきを読む
posted by 泳登(えいと) at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオをたのしむ | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

レコードプレーヤーを新しくしました(2)

レコードプレーヤーを新しくしましたが、
これまで使っていたプレーヤーを処分しなければなりません。

使える部品を再利用もしたいですし。

結果的には、後付して使っていた電源コードを再利用しました。

p1020087.jpg
下に見えるコードと電源プラグを再利用です。

音的には、少し太くなったかな?!

---
つづきを読む
posted by 泳登(えいと) at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオをたのしむ | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

レコードプレーヤーを新しくしました

昨年の11月ごろから忙しかったネット販売、
ちょっと一息ついて、またピッチが上がりだしました。

その合間に、レコード鑑賞のひと時が持てる
”こころの余裕?”もちょっぴり出てきたかな。

ところが、再生する音が

聞くに堪えない状態になってしまいました。

ベルトが寿命なんですね。

 レコードを乗せて回転するターンテーブルに
 モーターの回転を伝える、ゴムベルトが、

 伸びきってしまいました^^;;

ネットを検索すると、ベルトを入手することは可能。

ついでにレコード針の交換も、と欲が出る。

送料などを合わせると4千円以上かかりそう。
このあとにモーターがヘタると、せっかくの投資が無駄になる・・・

つづきを読む
posted by 泳登(えいと) at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオをたのしむ | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

フォステクスBK166Enについて聞いてみました

先日行ってきた、第19回真空管オーディオフェア、短時間の滞在で慌ただしかったですが得るものがありました。

一番の収穫が、最後に訪れたフォステクスのコーナーです。
10分間余りの時間を質問攻めにしてしまいました。

細かなことは忘れてしまいましたが、これ以上忘れないうちに箇条書きに書き留めておきます。

 細かい話ですが、特に説明は加えませんので、ごめんなさい。
 表現方法には私なりの解釈を加えています。誤解もあるかもしれません^^;


つづきを読む
posted by 泳登(えいと) at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオをたのしむ | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー