タミーを救え!「連載を終えて」を読んで

川の光2タミーを救え! 連載を終えての、作者松浦寿輝さんの感慨が 読売新聞10月30日朝刊の文化面に掲載されました。 作者の物語への意図がはっきりと書かれています。 それは、 作者の想像界に棲む(すむ) 擬人化された動物たちを登場させることで、 自分が人間世界に求めて得られずにいるユートピア的夢想を、 タミーを救え!という物語の時空に投影しながら書く。 …

続きを読む

タミーを救えが終わっちゃいました

とうとう終わりました。 最後は、主人公たちのこれからの物語への余韻を残しながら・・・ 読売新聞朝刊の新聞小説 タミーを救え 川の光2 この物語を振り返ってみると、 動物たちの友情、決してめげず、切磋琢磨するこころ。 そして冒険心。 タータとチッチ兄弟や、ビス丸の成長物語。 それらが、物語の根底に流れていたように思います。 川が、 時には荒れ狂い、そして…

続きを読む

タミーを救えが面白い(43)

読売新聞朝刊の タミーを救え 川の光2 おもしろいです。 ブルーシートに乗っての脱出! 脱出できちゃいました! ワシやタカ20羽に持ち上げられて ブルーシートは、空に舞い上がります。 途中で、カラスの集団と交代して休みを取りながらも 地上に一度も降りることなしに、 あっという間にタミーの飼い主の先生の家まで到着! 行きは、ものすごく大変な旅だったのに、 帰…

続きを読む

タミーを救えが面白い(42)

読売新聞朝刊の タミーを救え 川の光2 おもしろいです。 いよいよブルーシートに乗っての脱出! その直前に、 ジャーマンシェパードのビス丸が、一行と別れる決意を表明。 旅の途中で親切にしてもらい、ビス丸が本当に好きになった人間の少年、 直樹の元に行くことを一行に伝えます。 タミーとの別れのシーン。 思い込みのビス丸と、 思いやりのタミー タ…

続きを読む

タミーを救えが面白い(41)

台風17号は、こちらには被害をもたらすことなく通り過ぎました。 そのあと、朝はめっきり寒くなりました。今も冷たい雨が降ってます。 夜明けも遅くなりました。いま6時15分ですがまだ薄暗いです。 --- 読売新聞朝刊の小説 タミーを救え川の光2 2度目の脱出作戦はうまくいったかに見えましたが、 やはり、ツヨシとマモルに救出部隊は追い詰められます。 ビス丸が必死の思…

続きを読む

スポンサーリンク



記事タイトル一覧
・やってみる/感じる/気づく
・楽しく生活する
・バックナンバー