2012年10月30日

タミーを救え!「連載を終えて」を読んで

川の光2タミーを救え!

連載を終えての、作者松浦寿輝さんの感慨が
読売新聞10月30日朝刊の文化面に掲載されました。

作者の物語への意図がはっきりと書かれています。

それは、

作者の想像界に棲む(すむ)
擬人化された動物たちを登場させることで、

自分が人間世界に求めて得られずにいるユートピア的夢想を、
タミーを救え!という物語の時空に投影しながら書く。


ということです。


作者は、こうも書いてます。

人間に固有の邪悪や傲慢、我執や欲望を免れた動物に、
言いようのない愛憐(あいれん)と愛情を感じる。

そこで、
この冒険物語に登場した動物たちに、
私は自分の持てるかぎりの
この愛憐と愛情を注ぎこんだ。



読者の私も、

登場するすべての動物たちに、愛らしさを、
それが、たとえちょっとワルでも、何か憎めないものを、

感じていました。

作者の愛憐と愛情が、存分に注ぎ込まれていたから、なんですね。

--

1年2か月の全力投球は大変でした。
書き終えて2,3日は、作者は、虚脱状態だったとか。

その充実感、達成感はたとえようもないものでしょう!
うらやましい。

しばらくの静養はかまいません。
続々編を、ひそかに期待してます!!



----
※私のおすすめ
管理栄養士がつくる手作り宅配健康食 ウェルスダイニング
ウェルネスダイニング
posted by 泳登(えいと) at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | タミーを救え感想 | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

タミーを救えが終わっちゃいました

とうとう終わりました。
最後は、主人公たちのこれからの物語への余韻を残しながら・・・

読売新聞朝刊の新聞小説
タミーを救え 川の光2


この物語を振り返ってみると、

動物たちの友情、決してめげず、切磋琢磨するこころ。
そして冒険心
タータとチッチ兄弟や、ビス丸の成長物語。

それらが、物語の根底に流れていたように思います。

川が、
時には荒れ狂い、そして常に悠々と流れているように・・



小説の最後のシーンは、

ネズミのタータとチッチ兄弟が、フリスビーに乗って、
川を下り海へ出ることを夢見る場面で終わります。


舞台の神奈川県の場合は、川を下ると、たぶん、相模湾。

穏やかな天気だと、タータとチッチは、
穏やかな太平洋に、ゆったりと抱かれることでしょう^^


私は、こんなことを思い出してしまいました。

  三浦半島久留和海岸で、

  手漕ぎのゴムボートで、
  釣竿を垂れながら、

  波に揺られて、
  ついつい、うたた寝をしてしまったこと。


   海は穏やかで風もなく、
   陸を見ると紅葉の丘が広がり、
   空は真っ青

 幸せを独り占めしている気分でしたね。


--
この小説も、きっと単行本として出版されることでしょう。

島津和子さんの生き生きとした動物たちの挿絵も
たくさん載せてほしいものです。


松浦寿輝さんの次回作に期待しながら・・
私の「タミーを救えがおもしろい」シリーズも終了です。



  

posted by 泳登(えいと) at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | タミーを救え感想 | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

タミーを救えが面白い(43)

読売新聞朝刊の
タミーを救え 川の光2 おもしろいです。

ブルーシートに乗っての脱出!
脱出できちゃいました!

ワシやタカ20羽に持ち上げられて
ブルーシートは、空に舞い上がります。

途中で、カラスの集団と交代して休みを取りながらも

地上に一度も降りることなしに、
あっという間にタミーの飼い主の先生の家まで到着!

行きは、ものすごく大変な旅だったのに、
帰りは、すんなりと行きました。


タミー救出の旅も終り、この小説も28日で終わりのようです。
もっと読みたい。

--
作者は、読者には非情に!?、
動物たちにはヤサシク、

淡々と、話しの幕引きを進めていきます。


途中で出会った動物たちのその後、

 地下鉄サム、催眠術師ネズミのお福は、相変わらずです。
 ロックに率いられて、渋谷のネズミたちも安心です。

マクダフが途中で出会ったおばあさんへは、首輪をお返ししました。

クマタカのキッドは、
悪いイヌワシを森から追い出して、立派な森の王になりました。

ツヨシとマモルは、警察に捕らえられ、「野生動植物保存法」違反で、
起訴され、懲役刑は免れそうもない。

倉庫に押し込められていた動物たちは、日本全国の動物園などに
引き取られて幸せな生活をしています。

タミーは先生の家で幸せな生活を送っています。

めでたし、めでたし。

--
マクダフはどうしているんだろう?

キッドの森に開発の嵐が吹いてきました。

あと、1週間、名残惜しいです。

posted by 泳登(えいと) at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | タミーを救え感想 | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

タミーを救えが面白い(42)

読売新聞朝刊の
タミーを救え 川の光2 おもしろいです。

いよいよブルーシートに乗っての脱出!


その直前に、
ジャーマンシェパードのビス丸が、一行と別れる決意を表明。


旅の途中で親切にしてもらい、ビス丸が本当に好きになった人間の少年、
直樹の元に行くことを一行に伝えます。


タミーとの別れのシーン。

思い込みのビス丸と、
思いやりのタミー

タミーからビス丸への
気持ちがこもった、リップサービスです。


   




さあ、マルコも入れて、いよいよブルーシートに乗って、

空を飛んで帰ろう!!


本当に飛びあがれるのか!?
猛禽類二十羽による飛行は、だいじょうぶなのか!??


まあ、そこはファンタジー小説ですから^^・・^^・・^^

---

残された動物たちは、どうなるのか?
悪の兄弟、ツトムとマモルは、どうなるの?

なんとなく推測はできますが、
作者のお邪魔をしないようにしますね。





posted by 泳登(えいと) at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | タミーを救え感想 | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

タミーを救えが面白い(41)

台風17号は、こちらには被害をもたらすことなく通り過ぎました。
そのあと、朝はめっきり寒くなりました。今も冷たい雨が降ってます。

夜明けも遅くなりました。いま6時15分ですがまだ薄暗いです。

---

読売新聞朝刊の小説
タミーを救え川の光2

2度目の脱出作戦はうまくいったかに見えましたが、
やはり、ツヨシとマモルに救出部隊は追い詰められます。

ビス丸が必死の思いでツヨシの足にかみつきますが、
それでも大勢に影響なし・・


最後の一手!!

マクダフの掛け声で、タミーとビス丸が一斉に吠えます。


 ‐‐川の光を求めて!
 ‐‐川の光を求めて!
 ‐‐川の光を求めて!


なんと、クマタカのキッドが、
ハイタカ、オオワシ、ハヤブサ、ワシミミズクなど
20羽を引き連れて、こちらに押し寄せてきます。
(挿絵の鳥の数えたら21羽います。壮観です)

いっせいに、ツヨシとマモルに向かって急降下。

くちばしと爪で激しく攻撃された、ツヨシとマモルは、
たまらずに悲鳴を上げて倉庫の中に逃げ込みます。


チームプレーでの水際立った作戦の勝利です。

めでたし、めでたし^^


---
いやいや、まだ詰めがありますよ。




※私のおすすめ
何をするにも、まず身体の健康から!!
メタボが気になる方におすすめ


食事制限のある方へ食事を全国宅配する、手作宅配健康食の通販ショップです
管理栄養士が提案する低カロリーの手作り宅配療養食で生活習慣病を予防! ウェルネスダイニング
posted by 泳登(えいと) at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | タミーを救え感想 | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー