2012年08月26日

梅ちゃん先生面白いです(3)

NHKのテレビ小説「梅ちゃん先生」
一足先に、撮影終了がNHKニュースで報じられました。いよいよ大詰め。

ネットでは、番組では分からない情報があります。二つご紹介します。

---
竹男の伴侶となった静子。
 木村文乃(きむら ふみの、本名、1987年生まれ)さん、
 NTTドコモのCMで渡辺謙さん、布袋寅泰さんたちと共演していた女優さん。
->30s 木村文乃 渡辺謙 布袋寅泰 CM ドコモ DoCoMo プレゼン

ちふれ化粧品のCM煮出演
->木村文乃 CM ちふれ化粧品

いろいろな表情が見られました。

---
「梅ちゃん新聞」
http://www9.nhk.or.jp/umechan/

->シリーズ”建造語録”
読んでみました。

 建造は、高橋克己さんのイメージとは合わない役なので、
 無理してるなと思ってました。

 倍賞さんに、本番が終わってから「お肉、食べれば」と言われて
 「はい、いただきます」
 と言ったエピソードを読むと、微笑ましい。やっぱり無理してる!!

 それとは逆に、建造のイメージがだんだん私の中に定着してきました。
 BSの番組で、ナレーションをしていても、語り口が柔らかすぎて、
 なぜか違和感を感じてしまうのであります^^

---
なぜか、この番組を見ていると、元気になりませんか!?
こういうのが、朝の連続テレビ小説ではいいですね。



--
近所のお店がどんどんなくなってしまいました。
このごろは、コンビニがその役割を果たしている気がします。

その近くのお店を盛り立てて、暖かいサービスを楽しめるように
応援をしていきます。

お近くのファミマで、お好みをセレクト!
ファミマ.com
posted by 泳登(えいと) at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅ちゃん先生感想 | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

梅ちゃん先生面白いです(2)

NHKのテレビ小説「梅ちゃん先生」
おもしろいですね。毎日楽しみです。

「梅ちゃん先生」面白いですの続きです。

町医者として開業した梅子。人間として成長していきます。
 面倒を見てきた肝臓がんの早野の最期を看取るという経験をする。
 頑固だけだった父親の建造から「慌てず、冷静に」とアドバイスを受ける。

建造は幸せですねえ~~
 長女の松子は、嫁ぎ先で初孫を妊娠。
 長男の竹男は、自立して会社を運営し、よき伴侶の静子も得る。
 次女の梅子は、開業医として自立し、信郎と結婚して落ち着く。

建造さん、オヤジとしてこれ以上の幸せはないよね。 
 同世代として、妬ましさを感じます^^;
 それなのに、幸せなのに、妙に威張っている。

 昔は良かったのかな!?!

---
さて、
梅子の嫁ぎ先、安岡鉄工所に集団就職の少年、光男がやってきます。

ここからすっかり、映画「三丁目の夕日」のシーンとダブってきて面白い。

だいたい時代背景や場所が同じ。

さらに、

三丁目の夕日では、集団就職の少女(むつこ)を堀北真希(梅子)が演じ、
梅ちゃん先生では、受け入れる側の一員を堀北真希が演じる(逆の設定がおかしい

更にもう一つ、

三丁目の夕日では、むつこが押し入れに逃げ込んで、ひと騒動起こすシーンがあります。

梅ちゃん先生では、光男を、梅子たち夫婦の部屋の押し入れを寝室にしたのです。
そして、これから一騒動です^^

絶対、梅ちゃん先生の脚本家の先生は、映画「三丁目の夕日」を意識している
私の考えすぎでしょうか?

--
まあ、こういうふうにテレビの番組を見るのも一興かと・・


連続テレビ小説 梅ちゃん先生 Part2 (NHKドラマ・ガイド)

連続テレビ小説 梅ちゃん先生 Part1 (NHKドラマ・ガイド)



posted by 泳登(えいと) at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅ちゃん先生感想 | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

「梅ちゃん先生」面白いです

NHKのテレビ小説「梅ちゃん先生」
おもしろいですね。毎日楽しみです。

前回、記事を書いたのが、4月の中旬
その時は、梅子が医者を志して、父親から大反対された時でした。
それから2ヵ月半、

父を説得し、猛勉強で医大に合格。
毎年落第しそうになりながら、友人の助けで医大を何とか卒業。
医師国家試験もなんとか合格。
医師研修は、父が勤める大学病院を選択。
研修医も何とかこなし、論文も認められて助手に昇格?

いやー、長かったですね。
ようやく一人前になれ、大学病院に残れそうになったところで
父と再び衝突。

「私は町医者になりたいの」(梅子)
「せっかく俺の思っているようになりそうなのに、梅子の奴・・」(父)

明日は、梅子を応援する家族一同が加わり、父との激突!?です^^
---
視聴率20%をキープしているとか。

この番組の面白いのは、
梅子の頼りなさと、意思の強さとのアンバランス。
その梅子をサポートする周りの人たち。

それらがごちゃごちゃになって、それでも、なんとなくうまくいってしまう。

はらはら、どきどき、涙ぐんだり、ほほえんだり、にんまりしたり・・・
そういうところが、朝の小説で受けているところではないかと。
(私は、勝手に分析しています)

それと・・・
やたらと、美男美女が登場してきますね。
眺めているだけでも目の保養になる!?
posted by 泳登(えいと) at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅ちゃん先生感想 | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

「梅ちゃん先生」ひきつけられます

NHKのテレビ小説「梅ちゃん先生」

今週で、主人公の梅子が女医を目指そうと思うまでを、
しっかりと、描いてくれました。

兄の、「自分は父の思い通りで生きていいのか?」という想い、

姉の、「亡くなった婚約者の医者として人に貢献したい想いを、継いでほしい」という想い、

お父さんの、「人を生かすのにも、生かせないのにも、真剣に向かう」その姿、

家族の生きざまに触れて、何のとりえもない?梅子は、

「自分が女医さんになったら、みんなの役に立てるのでは?」
と思い、父に、ふと告げてみます。

ところが、父は、まるで相手にしません!

次週は、梅子が大反発!ということらしいですが、展開が楽しみです。




こちらも見ていってください
  ↓  ↓  ↓  ↓


posted by 泳登(えいと) at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅ちゃん先生感想 | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

「梅ちゃん先生」面白そうです

堀北真希さんが主演をつとめるNHKの朝ドラ『梅ちゃん先生』が、
4月2日からスタート。視聴率が結構高かったようです。

舞台は、戦後の東京蒲田の戦後の復興時代です。
主人公の梅ちゃんは、医者一家に生まれました。
まだ、人物の性格はしっかりと表れていませんが、
戦争孤児との交流を通じて、女医を志すことになるらしいですね。
脇役も、期待できそうですし、楽しみに見ていきたいと思います。

BSプレミアムで午前7時15分から、「ゲゲゲの女房」の再放送が始まりました。
当時夢中になってみていました。
・「ゲゲゲの女房」7:15-7:30
・「梅ちゃん先生」7:30-7:45
・「こころ旅」  7:45-8:00
朝は楽しみ番組が並びます。しっかり予約録画中です。わーい(嬉しい顔)

以下は、BSプレミアムで午前7時15分から始まった、
「ゲゲゲの女房」の再放送への感想とごっちゃになってしまいました。ふらふら
美男美女で頭の良い、兄さんと姉さんの下に生まれて
取り柄のない自分にコンプレックスを感じる、
目立たない梅子役が、主演の堀北さん。

大家族のせいで、梅子が一日いなくなっても、誰も気づかない。
そんな梅子が、将来は女医を目指すというのですから、
いろいろな仕掛けが用意されているんでしょうね。

楽しみですわーい(嬉しい顔)




こちらも見ていってください
  ↓  ↓  ↓  ↓
【ショップ・スター・バリュー】毎日0:00~本日限りのお買い得商品をご紹介♪
posted by 泳登(えいと) at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅ちゃん先生感想 | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク




大きく分類分けした当サイトの記事タイトル一覧です。
⇒「記事一覧1」やってみる・感じる・気づく
⇒「記事一覧2」楽しく生活する
⇒「記事一覧3」バックナンバー